beats by dr.dre「urbeats」レビュー。iPhone付属イヤホンからのランクアップにオススメ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
beats by dr.dre urbeats

beats by dr.dreのイヤホン「urbeats(ユーアール・ビーツ)」を購入したので、音質や使用感などをレビューする。

価格はAppleストアで10,200円(税抜)。
Amazonだともう少し安い値段で手に入る。

通常カラーのブラックやホワイトなどに加え、Appleストアでは限定カラーとしてiPhone同様、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色が販売されている。

 
beats by dr.dre urbeats
 
ぼくはiPhone 6sのゴールドを使用しているため、色をあわせて選んでみた。
さすがはbeats by dr.dre、現在はAppleの傘下となっただけあり、iPhoneと並べると非常に一体感のあるデザインとなっている。

ソリッドなメタルハウジングと、頑丈なつくりが魅力

見た目はコンパクトでありながら、ひとつの金属塊から精密加工したというメタルハウジングが高級感を演出し、所有欲を満たしてくれる。
Appleによると、非常に耐久性の高い構造になっており、多少手荒に取り扱っても壊れたり擦り切れたりしないとのことで、安心して使用できそうだ。
 
beats by dr.dre urbeats
ケーブルには、通話用マイクとリモコンがついているので、ハンズフリー通話や、音楽の再生、ボリュームのアップ・ダウンが手軽におこなえるのも嬉しいところである。

今、「EarPods」を使っている人にこそ手にしてほしいイヤホン

肝心の音質だが、個々の好みはあれど、ぼくは大変気に入っている。
beats by dr.dreの特徴といえば、重厚な低音域を想像する人も多いかもしれないが、本製品はそれに劣らず、クリアな中音域と軽やかな高音域にも存在感がある。
 
ジャンルとしては、やはりHIP HOP、R&B、EDMなどが得意ではあるものの、POPSやROCKなどにおいてもきらびやかな音を出してくれる。
出先や移動中など、日常的な使用という点においては、必要十分以上の音質といえるだろう。
 
また、通常のボリュームで再生しているかぎり、音漏れもほとんどなく、電車やカフェなどでの使用にも問題はなさそう。
かなり万能型な製品なので、iPhone付属の「EarPods」よりワンランク上のものを探している人にはもってこいのイヤホンだと思う。
 
beats by dr.dre urbeats
※ beats by dr.dreの製品は、その人気の高さから、偽物が非常に多く市場に出回っているため、正規店での購入をお勧めする。
Amazonの場合、販売元と発送元が両方ともAmazon.co.jpになっているものを選ぶと安心。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加