Macbookでマウスはこれ!Logicool M558を買ってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

どうも、ぱんへいです!

ガジェぶろ.comはひろりん(主に執筆担当)とわたくし(主にサイト管理担当)の2人で分業して更新しています。

いつも自分のMacbook Air(2012mid 11inch)でガジェぶろ.comの更新作業を行っているのですが、最近いろいろと不都合を感じ始めてきました。

特にトラックパッド。

Macbookのトラックパッドはとても優秀なのですが、長時間しようしていると手首や指が痛くなってきます。ぜひマウスが欲しい!

ということで今回は急遽買ってきたLogicool M558をレビュー。

Macbookのマウス選び

Macbookで使用するマウスでおすすめするポイントは3つ。

・デザイン性

・Bluetooth接続

・多機能複数ボタン

まず、デザインは言わずもがなですね。シンプルなデザインのMacと共に使うマウスもシンプルでありたいですね。また長く使うならサイズも重要です。

次にBluetooth接続であること。Macbookで無線マウスを使うならBluetoothがおすすめです。子機をパソコンのUSBポートに装着して電波を飛ばす方式もありますが、子機を付け外しするのは面倒だしMacとのデザイン親和性もあまりありません。(AppleがUSB-Cを推すのなら今は特に買わないほうがいいかもしれませんね。)

マウスを使うにしても多機能複数ボタンは欲しいところ。トラックパッドの代わりとなるので、ボタンの設定振り分けもしたいですね。

この3つのポイントを満たすマウスを選びましょう!

ところで、Macのマウスといえば、Apple純正の Magic Mouse ですよね。

Macでマウスを使う時に真っ先に思いつくのはMagic Mouseなのですが、なにより価格が高い。最初に買おうか悩んだのですが、トラックパッドがあるMacbookに追加で買うには1万超えは高すぎるので断念しました。

そこで、3つのポイントと価格の条件を満たすマウス”ロジクール M558”を見つけて     購入しました。

デザイン

IMG_3192IMG_3193

真っ白なボディとシンプルな形。パッケージは無難なかたちですね。

手にすっぽり収まるサイズでどなたでも使いやすいと思います

Bluetooth接続

電池を入れて電源をオンにし、MacのBluetooth接続を確認します。

Bluetooth

認証するだけなので簡単に接続できました。

機能

LogicoolサポートサイトからMacにLogicool optionをダウンロードします。

ダウンロードページ:(http://support.logicool.co.jp/ja_jp/product/bluetooth-mouse-m558-for-mac)

logicool m558logicool m558

アプリケーションから起動して、各ボタンの機能を選択できます。

ただし決められた機能の中から選ぶので、デフォルトのトラックパッド設定と同じく、アプリで自由にカスタムとはいかないようです。

総評

デザイン:◯シンプルでMacとの相性もいい。サイズは大きすぎず小さすぎず、男女ともにどなたでも使いやすい。

Bluetooth接続:◯特に接続が切れたり、動きが悪くなったりする印象はありません。反応のラグもほとんど感じず問題なく使えます。

機能:△ボタン設定では、ページ切り替えやLaunchpadやMissoin contorolなど基本的なモードは用意されているのでそれほど困りません。ただし、自由に振り分けたい方には向かないでしょう。

M558のおかげでガジェぶろ.comの更新もはかどりそうです!

ちなみに、M557という製品もあるのですが、こちらはトップボタンにWindowsのマークが付いています。MacユーザーとしてはM558をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加