「iPhone 6s Smart Battery Case」購入。iPhone 6sのバッテリーライフを改善

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
iPhone 6s Smart Battery Case 
 
iPhone 6sに機種変更してから、どうにもバッテリーの持ちが悪いように感じる。
朝仕事に出て、夜帰ってきたらもう30%くらいしか残ってないこともざら。
前の機種(iPhone 6)のほうが持ってたんじゃないかと思うシーンも多々ある。
 
ネットでバッテリー節約術を調べたりして、いろいろ実践してみても、そこまで大きな改善には至らず。
このままでは安心してポケモンGOができない……! と思っていた矢先、弟から誕生日プレゼントとして、この「iPhone 6s Smart Battery Case」をもらった。
価格は11,800円(税別)。結構高い。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
余談だが、一緒に添えられていた手紙がこちら。兄がこのブログにアップすることを見越してか、実名の記載は一切なし。
 
こいつ、やりよる……!(笑)
 
ちなみに、文章中のリザードンLv.100のくだりは、小学生の頃「ポケモン赤」でぼくがLv.100まで育てあげたリザードンのデータを弟に消されたというくだりから。
ポケモンGOにはモンスターのレベルシステムは存在しないが、当時弟は未プレイだったので悪しからず。
※追記:その後、彼もガールフレンドと一緒にポケモンマスターへの道を歩みだしました
 
閑話休題。
それでは、この「iPhone 6s Smart Battery Case」のレビューを紹介する。
 

スポンサーリンク



装着方法

iPhone 6s Smart Battery Case
 
ケースの装着は、iPhone本体をこんなふうにグニャッと差し込む感じ。
最初は壊れないかドキドキしたが、数回出し入れをしてみた結果、シリコン製のケースなので多少力を入れても大丈夫そう。

外観

iPhone 6s Smart Battery Case
 
オモテ面。
こういったバッテリーケースの類はLightning端子から本体に電力を供給するので、どうしても縦に長くなってしまう。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
ウラ面。
バッテリー搭載のため、背面が亀の甲羅みたいにボコッとしている。
このデザイン、もうちょっと何とかならなかったのだろうか……。
Appleらしくないし、お世辞にもカッコイイとは思えない。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
側面。
もう一度書くが、このデザインは本当に何とかならなかったのだろうか……。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
底面。
三たび書くが、このデザインは(以下略
底の部分には、写真のとおりLightning端子とイヤホン端子用の穴が空いている。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
バッテリーケース自体もLightningケーブルで充電できるのは、さすが純正品といったところ。
サードパーティ製のバッテリーケースだとmicroUSB端子ばかりなので、これだけでも利便性は高い。
 
iPhone 6s Smart Battery Case
 
また、本体が縦に長くなったせいで、イヤホン端子の奥行きが深くなってしまっている。
ストレートタイプのイヤホンジャック(iPhone付属の「EarPods」やbeats by dr.reの「urbeats」)なら問題なく挿さるが、L字型のものは軒並み挿さらない。
購入を考えている方は、そのあたりの注意が必要だろう。
 
【あわせて読みたい】

いいところ

①:ケースのバッテリー残量がiPhoneから確認できる

iPhone 6s Smart Battery Case
 
通知センターの「バッテリー」カテゴリに、このケース自体のバッテリー残量も表示される。
これはさすが、純正品ならでは。

②:煩わしいケーブルやモバイルバッテリーを気にしなくていい

モバイルバッテリーの類は、本体やケーブルなどを併せて持ち運ぶ必要があるので煩わしい。
このSmart Battery Caseなら、ケース感覚でiPhoneに装着し、手軽に持ち運べるので便利だ。

いまいちなところ

①:ケースに埃が付着する

iPhone 6s Smart Battery Case
 
写真からは見えづらいかもしれないが、シリコン製ゆえか、ポケットに入れていると埃がよく付着する。
これは気になる人は気になるだろう。

②:重い

このSmart Battery Case自体の重量はおよそ100g。iPhone 6s本体とあわせると結構な重さになる。
そのため、ずっと手に持っているとやや疲れてくる。
また、大きさもあって、ポケットのなかに入れていてもずっしりと感じるものがある。
仕様上、仕方のないことだとは思うが……。

③:電力供給がオン/オフできない

このSmart Battery Caseには電力供給のスイッチが搭載されていない。
つまり、ケースを装着した瞬間から強制的に充電が始まり、iPhoneがフル充電の状態でも引き続き電力が供給され続けてしまう。
満充電の状態で、さらに充電しながらiPhoneを操作するのは、バッテリーに大きな負荷をかけることになる。
ただでさえバッテリー持ちが悪いiPhone 6sなので、このケースを常時装着したまま使用するのは危険かもしれない。
ちなみにぼくは普段ケースを外してリュックのなかに入れておき、本体のバッテリーがなくなってきたら装着するようにしている。

総評

iPhone 6s Smart Battery Case
 
高価なうえ、奇天烈なデザインを含め使い勝手が悪い点も多々あり、自腹ではおそらく買わないアクセサリだと思う。
しかし、リュックのなかに入れておくとやはり安心感があるので、ぼくはかなり気に入っている。
 
こういう、自分では買わないけどもらったら嬉しいものこそ、プレゼントとしてもってこいだと思う。
特に男性に喜ばれること請け合いなので、本記事が女性読者のプレゼント選びの参考になったのなら嬉しい。
 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加