今度は「Xperia XZ」? SONYのネーミング法則がわけわからなくなってる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Xperia XZ    
出典:review.ge
 
 グルシアのWEBサイト・review.ge がスクープ情報として、新Xperiaについての記事を公開している。
それによると、どうやら名称は「Xperia XZ」となるようで、5.2 インチディスプレイや 2.5D カバーガラス、Snapdragon 820 プロセッサ、 2,300 万画素のリアカメラ、1,300 万画素のフロントカメラ、デュアル LED フラッシュなどを搭載しているそう。
しばらく続いたXperia Zシリーズが終わりを告げ、Xperia X Performanceなる、ヘンテコなネーミングセンスの端末が出たと思ったら、今度はXperia XZ……。
今のSONYはもう何がしたいのかよくわからない。

歴代デザイン

Xperia Z~Z4(左からZ、Z1、Z2、Z3、Z4)
Xperia XZ
 
Xperia XZ

(Z~Z4までの比較画像は、SONY製品に関する記事を更新されているブログ「ソニーが基本的に好き。」様からの引用)

Xperia Z5
Xperia z5
Xperia X Performance
Xperia XZ
 
デザインを見るとわかるかと思うが、Xperia、ほとんど見た目が変わってない……!
スペックや細かな機能は確実に強化されているものの、オムニバランスデザインというコンセプトのもと作られた端末なため、デザインに大きな変化がない。
そのため、ぼくのように特段SONYファンではない者からすれば、新型をリリースしてもあまり目新しさが感じられないのが正直な感想だ。
実際、Zシリーズが頻発されていた当時などは、「SONY、また同じようなの出してるなあ」としか感じなかった。
オムニバランスデザインは、とてもかっこいいものではあるけれど、やはりそろそろ目新しさがほしいところ。

リリース間隔

世代

端末名

リリース日(※docomo版)

第0世代

Xperia Z

2013年2月

第1世代

Xperia Z1

2013年10月

第2世代

Xperia Z2

2014年5月

第3世代

Xperia Z3

2014年10月

第4世代

Xperia Z4

2015年6月

第5世代

Xperia Z5

2015年10月

新世代

Xperia X Performance

2016年6月

 
近年のXperiaシリーズのリリース日をまとめると、上記の表のようになる。
ざっと見てわかるとおり、リリースの間隔が短すぎる。およそ半年に一度はフラグシップの新端末が出ている算段で、もはや乱発の域だ。
スマホのスペック競争が頭打ちだとされているこの時代に、そんな頻繁に新しいものを出す意味はあるのか個人的には疑問符。
1~2年に一度でもいいので、しっかり作り込んだものを世に出し、それを丁寧にアップデートでサポートしていくほうがいいのではと思う。

ネーミング法則

Xperia Z→Xperia Z1→ Xperia Z2→Xperia Z3→Xperia Z4→Xperia Z5ときて、最新作はXperia X Performance。
そして、このあと噂されているのが、Xperia XZ。
なんだか、法則性がめちゃくちゃである。
もし今回のXZという名称が事実なら、その後継機はXperia XZ2になるのだろうか? それともXperia XYZとか?
どちらにしても、なんだかとても不格好だ。
 
個人的に、スマートフォンのナンバリング形式でのネーミングは、そろそろ限界を迎えるのではと予想する。
これはiPhoneに対しても思っていることで、黎明期ならまだしも、このままどんどん歳月が過ぎた時、名称がiPhone 18とか、iPhone 24sとかになっていくとは思えない。
おそらく、どこかで端末名自体を変更するか、ナンバリングを廃止する選択が迫られることになるだろう。
 
ぼくは、フラグシップモデルはただシンプルに「iPhone (2016)」、「Xperia (2016)」などとしたほうがよいのではと考えている。
ネーミング法則について、今後、スマートフォン業界がどのような方向性に舵を切るのか気になるところだ。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加