「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル」レビュー。丈夫で断線を気にせず使えそうな逸品。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Anker PowerLine
 
今まで使っていたUSBケーブルが断線してしまったので、新たにAnker社の「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル」を購入したのでレビューする。
ケーブルのサイズは0.3m、0.9m、1.8m、3.0mの4サイズ、カラーはブラック、レッド、ゴールド、ホワイトの4色から選べる。
ぼくは0.9mのホワイトを購入した。価格は1000円程度。
ユーザーの用途や好みにあわせていろんな選択肢が用意されているのは嬉しいところだ。
 
Anker PowerLine
 
モバイルバッテリーと一緒に持ち運ぶことを考慮してだろう、この「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル」にはフェルト製の専用ケースが付属している。
ケーブル類はバッグのなかでかさばってしかたがないので、これはかなり重宝しそうだ。
 
Anker PowerLine
 
ケースから取り出すとこんな感じで、とても丈夫そう。
Ankerいわく、一般的なケーブルより10倍以上の持続力を持ち、折り曲げに対しても圧倒的な耐久性を実現したのだという。
さらに、ケーブル抵抗を最小化し、どのUSB機器に対しても最適な充電が可能であると謳っている。
 
Anker PowerLine
 
外部には2重に編み込まれた高耐久ナイロン、内部には防弾ケブラーを使用するなど、とにかく高耐久を追求したケーブルとなっている。
これなら多少手荒に扱っても断線する心配はなさそうだ。
 
今回、ぼくはAndroid用にMicro USBのものを買ったが、今後、LightningやMacBookのUSB-Cなど、このシリーズで揃えたいと思えるくらい素晴らしいクオリティだ。
高品質なのに手頃な価格で、誰もが一本くらいは持っておいて損はしないだろう。
特にぼくのようにケーブルの断線に悩んでいる人には、この「Anker PowerLine+ Micro USBケーブル」をぜひオススメしたい。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加