iPhone 7とあわせて買いたい! beats by dr.dreがヘッドホンのラインナップを一新!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
 beats by dr.dreがヘッドホン
 
先日の「iPhone 7」発表会を受けて、Appleの傘下であるbeats by dr.dreがヘッドホンのラインナップを一新した。
 
 
 
 
いずれもワイヤレス・ヘッドホン(イヤホン)となっており、2016年9月9日現在では、Beats Solo3 Wirelessのみ、Appleストアオンラインですでに販売が開始されている。
(追記:Amazonでも販売が開始されました。)
 
 
 
beats by dr.dreがヘッドホン
 
カラーバリエーションはグロスブラック、ホワイト、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックの全6色。
ホワイト以外はiPhone 7のカラバリと合致し、beats by dr.dreがiPhone 7ユーザーへの訴求を強く意識しているのが感じられる。
このあたりは、さすがApple傘下のブランドならではのこだわりだろう。
 
スペックとしては、最大40時間持続するバッテリーを搭載し、前作「Beats Solo2 ワイヤレス」の最大12時間持続からかなりの向上が図られている。
 
【関連記事】
※「Beats Solo2 ワイヤレス」のAppleストア限定カラーは販売を終了した模様
 
また、たった5分の充電で約3時間再生ができるようになるなど、クイック充電にも対応。
これは先日発表された「AirPods」と同じくAppleのW1チップを採用した恩恵のようだ(それにしてもバッテリー持ちすぎじゃないですか……?)。
 
さらに、ワイヤレス接続もAirPods同様、iPhoneをヘッドホンに近づけるだけで完了するという。
このペアリング方法ができるのはiPhone 7だけなのか、それとも6s以前のモデルでも可能なのかが気になるところだ。
 
iPhone 7でヘッドホン端子が廃止され、 Appleによるワイヤレスへの転換が示された今、Bluetoothヘッドホンに注目が浴びることはほぼ間違いないだろう。
おしゃれなデザインや純正ならではのコンビネーションを楽しむなら、beats by dr.dreのヘッドホンは十分選択肢のなかに入ってくる。
 
ちなみに、ぼくはBeats Solo2 ワイヤレスをすでに使っていて特別不満もないので、わざわざ買い替えたりはしない予定です(あくまでも予定/笑)。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加