MacBook用のアルミ製スタンド「Rain Design mStand」がよさげ! これがあればMacBookに一本化できるかも……!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
Apple公式サイトにて、MacBook用のアルミ製スタンド「Rain Design mStand」の新色2色(ゴールド・スペースグレイ)が販売開始された。
「mStand」はMacBookシリーズを載せて見やすい高さに設置できるスタンド。
今回の新色追加により、従来のシルバーとあわせて全3色での展開となり、ローズゴールドを除くMacBookのカラーバリエーションに対応した。
(スタンド自体はMacBookだけでなく、MacBook Air、MacBook Proでも使用可能)
価格は6,400円(税別)。その他、詳細はこちらを参照のこと。
 
ということで、今回の記事はこの「Rain Design mStand」の紹介……ではなく、ぼくが最近頭を抱える「ある問題」について書いていこうと思う。

「MacBookに一本化したい問題」

hkef2_av4
 
ぼくは自宅ではiMac(27インチモデル)、外出先ではMacBookを使用して仕事やブログ執筆をおこなっている。
macOSは同OS間やiOSとの連携がシームレスなため、特段不便を感じてはいないのだが、敢えて難点を挙げるとしたら、iMacがデカすぎるということだ。
27インチモデルのiMacは現在、ぼくのデスクの上をこれでもかと占拠している。
大きな画面は確かに作業が捗り、映画鑑賞なども大迫力なのだが、その反面、他の作業(ノートを広げるなど)をおこなうスペースがなくなってしまっている。
 
ぼくがMacでおこなう作業といえば、ブログなどの執筆やOfficeを使った本職の事務作業、ネット、iTunesでのデータ管理、たまに友人の結婚式などで簡単なiMovie動画を作る程度。
高スペックを要求される3Dゲームもプレイしないし、YouTuberのようにゴリゴリの動画編集もおこなわない。
この程度の作業ならMacBookでも何不自由なくこなせるので、当然、iMacのハイスペックは無用の長物と化してくる。
 
なので、ぼくのなかでは最近、すべての作業に対して、いっそiMacを使わず、MacBookのみで取り組みたいという欲求が湧いてきている。
タイトルにもあるとおり、これが「MacBookに一本化したい問題」である(そのまんますぎる)。
 
ガジェット系ブロガーとして、こんな発言をするのもどうかと思うが、ぼくの部屋にはほとんど物がない。
正確にはガジェットなどの類はだいたい押入れのなかに整理しているので、「部屋をぱっと見た感じ、ほとんど物がない(ように見える)」と書くべきか。
少し前に、最小限の物だけで生活する「ミニマリズム」という主義思想が話題になったが、個人的に共感できる考え方で、徹底こそできなくても取り入れてみたいと思っている。
 
そんなわけで、ぼくはとにかく、部屋にあるものを減らしたい。
「MacBookに一本化したい問題」は、そんなぼくの面倒くさいこだわりから生じたものだった。

「Rain Design mStand」があればMacBookに一本化できるか

hkef2_av1
 
この「Rain Design mStand」を導入すれば、従来の外出先での使用に加え、自宅でもMacBookを載せ、別途キーボードやMagic Mouseなどを接続すれば、iMacの代替になりうるのではと期待している。
USB-C端子がひとつしかないMacBookに一本化しよう、という人が他にどのくらいいるのかわからないが、ぼくの使用環境では本当に十分なので、前向きに検討してみようと思っている。
(とはいえiMacにも愛着があるので、故障するまでは併用すると思うけれど)
 
 
 
シルバー:Rain Design mStand(Apple)
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加