新型「MacBook Pro」と「MacBook Air」、すでに生産中でまもなく正式発表との噂。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
th_27292118240_c4897c6c02_b
 
「MacBook Pro」と「MacBook Air」の新モデルが、いよいよ登場となりそうだ。
 
Forbesによると、「MacBook Pro」および「MacBook Air」の新モデルは2016年第2四半期(4〜6月)中に生産が開始されているとのことで、9月末または10月中に発表されると報じている。
 
次期「MacBook Pro」に搭載されるプロセッサについては、生産開始の時期から第7世代Coreプロセッサの「Kaby Lane」が採用される可能性は低く、一世代前の「Skylake」が採用される見通し。
要するに、おそらく現在発売されているMacBookなどに搭載されているプロセッサと同じということになる。
※「MacBook Pro」シリーズ向けの「Kaby Lane」については来年1月に登場予定とのことなので、もしかするとアップグレード版が早々に出る可能性がある。
 
一方、次期「MacBook Air」については、すでに「Kaby Lane-U」が発表済みのため、「Kaby Lane」が搭載されると予想されている。
「Kaby Lane」のほうがグラフィック性能が高いため、Airに「Kaby Lane」、Proには「Skylake」ということになれば、Proユーザーから不満が出るのは必至だろう。
 
また、Appleは「MacBook Pro」にAMD製の最新GPU「Polaris」(コードネーム)をオプションで提供する可能性があるとのこと。
これまでの情報では、次期「MacBook Pro」シリーズには、キーボード上部にファンクションキーを置き換えるOLED(有機EL)タッチバーやUSB-Cポートが搭載されるといわれている。
 
ぼくの相方で、当ブログのサイト管理を担当しているぱんへいは現在MacBook Airの11インチモデルを使用している。
しかし、いよいよスペック不足が顕著になってきたようで、最近は「新型のProはまだか」「早くProに乗り換えたい」と首を長くして待っている。
 
【関連記事】
 
よかったね! ぱんへい! 来月中にはきっとProに買い替えられるよ!
彼が新型「MacBook Pro」をゲットしたあかつきには、ぜひレビューをお願いしたいと思いつつ(笑)、今回の記事はここまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加