iPhone6sが突然シャットダウンする不具合。修正プログラムでバッテリーを交換してもらおう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

どうも、ぱんへいです。

先日、Appleから公式にiPhone6sのバッテリー不具合に関する修正プログラム(バッテリーの無料交換)がアナウンスされました。

バッテリーの残量がまだあるにもかかわらず、突然iPhoneの電源が落ちてしまう不具合が発生しているようです。

今回の不具合は2015年9-10月に製造されたiPhone6sが対象となります。バッテリーの製造段階での問題が原因のようですね。
Appleの公式サポートから自分のiPhoneが無料修正プログラムに該当しているか確認ができます。(iPhoneのシリアル番号は、設定アプリから「一般」→「情報」で確認できます。)

Apple公式サポートサイトのリンクを載せておきます。

ぼくのiPhone6sもかねてより同じ症状がでていました。
バッテリーが30−40%くらいになると、突然バッテリー残量がなくなり、電源が落ちてしまいます。頻繁に起こり、日常使用に耐えないレベルです。
この不具合のせいで常時モバイルバッテリーを持ち歩くハメになってしまいました。

問題はささっと解決するに限ります。

ということで、早速Appleストアのジーニアスバーを予約してバッテリーを交換してもらいましょう!

スポンサーリンク



Appleストア渋谷店でバッテリー交換

img_3876

Appleの公式アプリからジーニアスバーの予約をして、いざAppleストア渋谷店へ!
ちなみに、不具合が相次いでいるせいなのかジーニアスバーの予約はなかなか取れず、1週間先近くまで予約が埋まっていました。
早めに予約が空いているか確認した方が良さそうです。

店員さんに導かれ、カウンターでしばし待っていると担当の方が登場。

状況を説明し、自分のiPhoneのシリアル番号が修正プログラムに該当していることを確認してもらいます。

もう何人も来ているのでしょうか。手際よく確認作業をして対応を説明してくれます。まあこんなところは慣れて欲しくないですけどね。

バッテリーが交換できない?

と、ここで問題発生。
なんとiPhone6sのバッテリーの在庫がなく、当日対応ができないとのこと。

不具合の修正プログラムを出しておいて在庫がないってどうゆうこと?と思いましたが、文句をいっても仕方ないのでバッテリーを発注をしてもらい、連絡待ちとなりました。

発注書はこんな感じ。
もちろん無料対応となっています。

img_3877

ジーニアスバーの予約を1週間近く待って行ったのにまたきてねと言われてしまい、すごく残念な気持ちですがもうしばらく我慢しましょう。

歴代のiPhoneといい、最近発売された新型MacBook Proといい、初期生産では不具合はつきものになっていますね。
そういうことがあることもわかりつつ、好きで買っているのであまり文句は言えませんが。

年内に直るといいなあ。

※その後無事にバッテリーを交換していただきました。ものすごくバッテリー持ちが良くなってまるで新型に買い換えたかのようです。(当たり前だけど。)

今回の件についてのApple公式サポートサイトは以下をご参照ください。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム – Apple サポート –

参考記事:

Apple、「iPhone 6s」が予期せずに電源が落ちる不具合の修理プログラムを実施 | gori.me(ゴリミー)

「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明 | gori.me(ゴリミー)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加