Apple Watchのクラシックバックルを購入しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
ぼくはApple Watch(初代)のオーナーで、watchOS 3になってから使い勝手が大幅に向上したので、最近はよく身につけている。
バンドはデフォルントでミラネーゼループ、運動時にはスポーツバンドと切り替えて使っていたのだが、職場に革のベルトの時計をつけている先輩や上司が多いので、ぼくもひとつくらいは……と欲しくなった。
 
というわけで、思い切って替えのベルトとしてクラシックバックルを購入してみた!
カラーバリエーションは青、茶色、紺、黒、赤とあったが、ぼくは茶色(サドルブラウン)を選択。
お値段は、ベルトだけなのに、なんと15,800円(税別)!
正直、かなり高価なのでずっと悩んでいたのだが、思い切って手を出してしまった。
今回は、このクラシックバックルについてレビューする。
 

フォーマルな場にも合いそうな高級感

 
ベルトを交換してすぐ、ミラネーゼループとはまた違った高級感に驚いた。
なんというか、デキる大人といった印象になったように思う。
仕事やパーティなど、フォーマルな場でも違和感なく使えそうだ。
※ちなみにぼく自身はデキる大人ではありません
 
 
 
実際に腕に装着してみても……うん、悪くない!
いや、むしろかっこいい! このApple Watch、かっこいい!
※ちなみにぼく自身はかっこよくありません
 
 
 
もともと使っていたミラネーゼループはマグネットなので、使っているとどうしてもズレで緩くなってしまうのだが、このクラシックバックルはしっかりと穴にバックルを通すタイプなのが嬉しい。
ぼくは結構腕が細いほうなので、2つ目の穴に通して使っている。
 
 
 
なお、Apple Watchのベルトの付け替えは、びっくりするくらい簡単におこなえる。
取り付け部分付近にあるボタンを押しながら、ベルトを横にスライドするだけ。
これだけ簡単なら、いくつかベルトを揃えて、その日の気分やファッションによって付け替え、なんて楽しみ方もしたくなる。
まあ、そのベルト自体がかなり高いので、ポンポン買うのは現実的ではないけれど。
 
 
 
最後に、ぼくが現在持っているベルトはこの3つ。
左からスポーツバンド、クラシックバックル、ミラネーゼループ。
ぼくとしてはこれで十分なので、当面新たに買い増す予定はない(たぶん)。
 
Apple Watch、ぼくはかなりヘビロテしていて、機能面だけでなく、ファッションとしてもいろいろ楽しめるので、個人的にはなかなかお気に入り。
最近は本体価格もこなれてきたので、iPhoneユーザーの皆さんはこれを機に購入を検討してみてはどうだろうか。
 
 
Apple Watch(Apple)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加