MacBookユーザー必携! USB-C対応のSDカードリーダー「SanDisk Extreme PRO」購入!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
ぼくは現在、MacBook (2016) のゴールドモデルを愛用している。
このマシンは本当にお気に入りで、いつでも肌身離さず持ち運んでいるし、家でもベッドに寝転びながらこいつでブログを書いたりしている。
もちろん、今年買った買い物のなかで、これがダントツのベストバイ。
先日、新型のMacBook Proが発売され、相方のぱんへいがそれを購入したけれど、ぼくは変わらずこの先もずっとこのMacBook一筋でいくつもりだ。
 
しかし、現時点においてはいくつかの難点もある。
そのひとつが、USB-C以外のあらゆるアクセサリが使えないところ。
ぼくは仕事でたまにミラーレス一眼のカメラで写真を撮ることがあるのだけれど、SDカードをそのままMacBookに挿すことができず、難儀した経験がある。
正直、SDカードスロットなんてつけてもつけなくても厚みやデザインに大差ないのだから、どうせなら搭載してほしいのだが、それを切り捨てるのがAppleなのだから仕方ない。
 
 
 
というわけで、Appleのオンラインショップで売られていた、USB-C対応のSDカードリーダー「SanDisk Extreme PRO」を購入してみた!
価格は4,500円(税別)と、結構お高め。
しかも現在、USB-Cアクセサリのキャンペーン価格でこの値段というのだから、正直ぼったりくり感が半端ない。
 
 
 
本体の外観。黒い部分はシリコンっぽい素材が使われている。
見た目でもわかるとおり、ただSDカードとUSB-C端子を繋げるためのカードリーターであり、それ以上でもそれ以下でもない。
 
 
 
表面には、安心の(?)SanDiskロゴ。
個人的にはあまり馴染みがなくて、どれほどのブランド力があるのかはわからないけれど、Appleが直販するくらいだから、きっと優良なブランドなのだろう。
ロゴもシンプルな書体で、ぼくは嫌いじゃない。
 
 
 
さっそくSDカードを差し込んでみる。
※写真は差し込んでいる途中を写したもので、実際はもっと奥まで入る
 
 
 
いざ、愛機・MacBookに接続!
写真ではわかりにくいかもしれないが、差し込むと本体の真ん中あたりが白く光るようになった。
 
 
 
しばらく待っていると、無事、SDカードの中身が読み込めた!
特に何も問題なく、シンプルに使えている。
本当に単なるSDカードリーダーであり、この製品自体には、ぼくは何も不満がない。
 
ただ、わかっていたことだが、USB-C搭載のMacBookはいろんなアダプタやアクセサリが必要になるのが正直、煩わしい。
今回のSDカードや、従来のUSB、プロジェクタなどに繋げるVGAやHDMI……ビジネスシーンで現役の端子を使うには、どれもこれもアダプタを使わなければいけない。
確かに単一の端子で統一させるのはシンプルで美しいとは思うけれど、実用性をもう少し考えてほしいものだと思う。
 
いずれにしても、今回、SDカードがぼくのMacBookでも読み込めるようになり、仕事の効率が上がったので本当によかった。
というより、MacBook Airの頃に戻ったという感じだろうか(苦笑)。
こうなれば、MacBookユーザーとして開き直って、今後はいろんなアダプタやアクセサリを持ち歩いてやろうという気持ちだ。
 
そもそも、SDカードスロットが非搭載なのは、最近発売されたMacBook Proも同じこと。
これからもMacを使っていくのなら、遅かれ早かれこのカードリーダーは必要になると思うので、普段、デジカメなどでよく写真や動画を撮る人は、キャンペーンのうちにぜひ購入することをおすすめする。
 
SanDisk Extreme PRO (Apple)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加