3月のイベントでiPhone SEの128GBモデルが発表されるという噂。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

出典:Apple
 
Macお宝鑑定団Blogによると、3月におこなわれるAppleのイベントにて、新型iPad Proなどとあわせて、とうとうiPhone SEのアップデートモデルが発表される可能性があるとのこと。
 
噂では、128GBストレージのモデルが追加されるとのことだが、個人的にはそれ以外にもスペック等のアップデートがなされるのかが気になるところだ。
 
たとえばインカメラの画質向上や、3D Touch、第2世代Touch ID、国内向けのApple Pay(FeliCa)の対応など、現行のiPhone SEが抱える課題が解決されたモデルになれば、一気に買い替えの需要は増しそう。
 
また、イヤホン端子の有無については、iPhone 7での廃止に賛否があることから、iPhone SEでは今後も継続して搭載していくのではないかと考えている(昨今の多様なカラバリやサイズ展開といった売り方から見るに、今のAppleは、手広く、いろんなニーズに応える経営戦略を選びそうな印象を受けるため)。
 
スマホの大画面化がすっかりトレンドになったなか、4インチモデルの需要はまだまだあるように思う。何よりも、iPhone SEのデザインは非常に完成度が高く、人気を集めている。
 
個人的にも、このiPhone SEのアップデートモデルは大変気になるので、この春にちょうど2年になるNexus 5(Y!mobile)の引越し先として、有力候補にしたいと考えている。
 
なお、参照元の記事では、iPad Proのベゼルレスモデルや、iPhone 7のレッドモデル、Apple Watchの新バンドについても触れられている。
 
カラバリの追加や新バンドには正直あまり関心がないが、新型iPad Proについてはかなり興味がある。ここでベゼルレスモデルが発表されれば、今年発売されるであろうiPhone 8も同様の仕様変更が考えられるからだ。
 
いずれにせよ、3月末の発表会を楽しみに待ちたいと思う。
 
 
iPhone SE(Apple)
 
 
 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加