iPad Pro 9.7インチ 128GBモデル(docomo)レビュー④ 【Smart Keyboard編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 
前回から、またしても長らく期間が空いてしまったiPad Proレビューシリーズ。
噂では3月末にベゼルレスの新型iPad Proが発表されるかも?とのことなので、思い出したように続きを書く(笑)。
ということで、今回はiPad Pro専用キーボード「Smart Keyboard」についてレビューしていく!
 
バックナンバー:

Smart Keyboardとは

 
まずはじめに、「そもそもSmart Keyboardってなんなの?」という人のために、ちょっとだけ説明を。
Smart Keyboardとは、iPad Proに搭載されているSmart Connectorに接続して使用できる専用のキーボードのこと。
キーボードなのでPCライクに文字入力がおこなえるし、Smart Coverのようにカバーとしても使用できる優れモノ。
カラバリはブラックのみで、価格は9.7インチ用が15,800円(税別)、12.9インチ用が17,800円(税別)と結構お高め。
(今回の記事では、特記がないかぎり、ぼくが所持している9.7インチ用のSmart Keyboardについて書いていく)
 

キーボードとしてのSmart Keyboard

 
iPad ProにSmart Keyboardを装着すると、こんな感じ。
以前、BelkinのiPad Air 2用キーボードをレビューしたが、使い勝手としては大して変わらなさそう。
 
関連記事:
 
 
 
キーはUS配列のみ。ぼくは、打ち慣れていることもあり、MacのキーボードにはJIS配列のものを選ぶのだが、デザイン的にはやはりUS配列が一番美しいと思うし、日本で需要があることも頷ける。
ちなみに相方のぱんへいには、MacBook Proの2016年モデルを購入する際、US配列のキーボードのモデルを買おうとして、間違えてUK配列のキーボードを買ってしまったという、とびきりの持ちネタがある(笑)。
 
 
 
横から見ると、こんな感じ。
ディスプレイの傾きは、普通にデスクに座ってタイピングするならちょうどいい具合。
ただし、belkinのキーボードとは違って角度が調整できないので、シーンによっては不便さを感じることもあるかも。

カバーとしてのSmart Keyboard

 
Smart Keyboardは、Smart CoverのようにiPad Proを保護するカバーとしても使用できる。
ちょっと重量が重いのが玉に瑕だが、それも慣れてしまえば気にならないレベル。
 
 
 
折りたたむと、こんな感じ。
キーボード分の段差はあるものの、Smart Coverと比べても遜色ない保護力を持っていそうで安心感はある。
 
 
 
とはいえ、デザイン的にはちょっとよろしくないだろうか。
iPhone 6〜7やiPad Pro 9.7インチの出目金カメラもそうだが、最近のApple製品はフラットであることに妥協しがち。
このあたりは機能性をとるか、美しさをとるか、難しいところ。

Apple Pencilがくっつく

 
何気に感動したのが、このSmart Keyboardのマグネット部分にApple Pencilがくっつくという点。
吸着力はそれほど強くないので、くっつけたまま持ち運ぶことはできないが、作業合間の休憩時間など、このようにSmart Keyboardにちょっとくっつけておけば、Apple Pencilを紛失しないで済むかも。
(そもそもApple Pencilが丸すぎて、平面に置くとすぐに転がってしまうことが問題なのだけれども)

打鍵感は良好

 
ぼくは最近、仕事ではよくiPad Proを使って作業することが増えたのだが、このSmart Keyboardの打鍵感は、なかなか打ちやすくて気に入っている。
実際に文章を書いていても特に不具合を感じないし、MacBookと比べても遜色なく使えている。
素材のおかげか、MacBookよりも静かにタイプすることができるので、会議の議事録をとる時など、シーンによってはむしろiPad Proのほうが役に立つ時もあるくらいだ。
ちなみに、今回の記事の文章は、実はすべてiPad Pro × Smart Keyboardで書いている(写真は、あらかじめGalaxy S7にて撮影したものを使用している)。

個人的に気になったところ

 
最後に、個人的に気になる点をひとつ。
カバーとして、普段は折りたたんで使用しているせいもあるのか、いざSmart Keyboardを使って文章を書こうとした時に、キーボードの部分がちょっとだけ浮いてしまうことがあるのがマイナスポイントだ。
しばらく使っていると、浮き具合もだんだんマシにはなるのだが、使い始めのほうはペコペコとキーボードが動いてしまうので、ちょっとストレスを感じる。
Appleには、このあたりをもう少ししっかりと作り込んでほしかったと思う。

総評

 
ここまでSmart Keyboardに関するレビューを書いてきたが、このSmart Keyboard、総合的にはかなり気に入っている。
MacBookの完全な代替にはならないものの、ビジネスシーンでも、プライベートでも、手軽に持ち運べて使用できるという点だけで、十分に存在意義のあるツールだとぼくは考える。
Apple PencilとSmart Keyboardのおかげで、iPad Proはものすごく楽しいガジェットになっていると感じる。
3月に発表が噂されているベゼルレスモデルの新型についても、続報を楽しみに待ちたい!
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加