Beats By Dre「Beats Solo3 ワイヤレス」レビュー。着実にアップデートされた最強のワイヤレスヘッドホン。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
 
巷では「AirPods」や「Beats X」に注目が集まるなか、そういえば「Beats Solo3 ワイヤレス」をレビューし忘れていたことに気づく。
そうなんです、実はちゃっかり買っていたんです、Solo3。しかも結構前に。確か、去年の秋だったかな。
以前レビューした「Beats Solo2 ワイヤレス」の記事が思いのほか好評で、アクセス数も多いので、今回の記事も参考にしてもらえると嬉しい。
 
さて、こちらのSolo3、価格は29,800円(税別)とSolo2から据え置きになっており、デザイン的にもほぼ変更なし。
一見するとどこが変わったのかわからないかもしれないが、先に結論を言うと、ぼくは今回、Solo3に買い換えて満足している。
といっても、音質など、基本的な感想はSolo2と変わらないので、あっちの記事もあわせて見ていただけるとありがたいと思う。
 
では、さっそくレビューのほう、いってみよう!!
 
関連記事:
 

洗練された美しいデザイン

 
Solo2から継承された、Beats By Dre × Appleによるこだわりのデザイン。
大きな変更点がないということは、それだけSolo2の時点で洗練されていたということに他ならない。
まったく無駄のない、シンプルで美しいデザインだ。
 
 
 
iPhone 7と並べると、その美しさがより際立つ。
写真のとおり、ぼくはすべてをゴールドで統一しているのだが、まるで高級な装飾品のようにゴージャスだ。
Solo2同様、Solo3でもiPhoneのカラーにあわせたカラバリが展開されているので、ぜひ色合わせをして一体感を演出したい。
 
 
 
これだ。この「b」マークだ。
これこそがBeats By Dreというブランドのシンボルであり、多くのファンが魅了されるアイコンなのだ。
微細な変更点だが、Solo2ではホワイトだった文字が、Solo3では本体カラーの色に変更されており、より高級感が増している。
個人的にはこっちのほうが断然好き!
 
 
 
Solo2同様、折りたたむととてもコンパクトになる。
iPhone 7の全長とほぼ同じくらいのサイズなので、バッグに入れてもさほどかさばらずに済みそうだ。
 
 
 
もちろんキャリングケースも付属。
Solo2ではゴールドモデルは白いケースにゴールドの「b」マークだったが、今回は黒いケース。
このあたり、“黒推し”のiPhone 7を意識しての変更なのかもしれない。

Solo2からの改善点

バッテリー性能が段違い!

 
Solo3では、AirPodsやBeats Xと同じく、AppleのW1チップが搭載されている。
このW1チップの省エネ性能が凄まじく、Solo3のバッテリーはなんと最大40時間(!)も駆動する。
Solo2のバッテリーが12時間駆動だったことを考えると、なんと3倍以上の持ち!
また、Fast Fuel機能も搭載しているので、5分のクイックな充電で約3時間も再生することができる。
バッテリー性能に関しては、市場に出まわるBluetoothヘッドホンのなかでもおそらくトップクラスだろう。
このSolo3なら、充電切れを気にせず、安心して音楽を楽しめる。
個人的には、これだけでもSolo2から買い換えてよかったと感じている。

イヤークッションが柔らかくなった(かも?)

 
これはぼくの主観かもしれないが、Solo3では、Solo2にくらべてイヤークッションが柔らかくなったように感じる。
そのため、長時間着用していても耳があまり痛くならない。
Solo2の時は1時間半ほどつけていると痛くなっていたが、このSolo3は2時間くらい音楽を聴いても平気なので、多少は改善されているのかも。
ただ、これはあくまで個人差があることだと思うので、参考程度に留めておいてほしい。

着用例

 
実際に着用すると、こんな感じ(僭越ながら自撮り写真)。
Beats By Dreといえば、おしゃれでスタイリッシュなデザインだが、コーデとしてはシンプルな服に合わせるのがいいかも。
存在感のあるヘッドホンなので、一色モノのシャツやニットなどと一緒に着用すると見栄えがいい。
ストリート出身のブランドだが、Appleのおかげでキレイめな服装にもマッチするようになり、よりファッションの幅が広まったと思う。

総評:ワイヤレスヘッドホンならこれ一択

出典:Apple
 
Solo2から着実にアップデートされ、現時点で最強のワイヤレスヘッドホンといっても過言ではないSolo3。
Apple W1チップにより、Apple製品との親和性が劇的に向上しているので、Appleユーザーには胸を張ってオススメできる。
iPhone 7からイヤホン端子が廃止されたが、何も臆することはない、ぼくらにはBeats Solo3 ワイヤレスがある!
音質も、デザインも、性能も、本当にお気に入りなので、皆さんにも強く強くオススメしたいヘッドホンだ。
 
 
 
※Appleストアで購入するより、Amazonのほうが価格が安くなっているのでオススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加