iOS 10.2.1で、iPhone 6 / 6sの電源が突然落ちる不具合が大方改善された模様

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
iPhone 6 / 6s ユーザーには朗報だ。
Appleによると、「iOS 10.2.1」にアップデートすることで、以前報告されていた「iPhone 6 / 6s」の電源が突然落ちる不具合が80%修正されるとのこと。(via gori.me
 
発表されたコメントによると、AppleはiOS 10.2.1によって、iPhone 6sにおける同不具合の発生率を80%削減し、さらにはiPhone 6における発生率を70%削減することに成功したという。
同時に、万が一予期せずにシャットダウンしても、電源に接続せずに電源が入るように調整したことを明らかにしている(以前はiPhoneの電源が突然落ちてしまった場合、一度電源に接続しなければならなかった)。
また、iOS 10.2.1の「設定」アプリ内にあるバッテリー情報に状況に応じて、「バッテリー交換が必要です」というメッセージが表示されるようになるとのこと。この機能は地味にありがたい。
 
この不具合は、Appleが修理プログラムを発表するなど大事に発展していたが、申込が殺到し、バッテリー在庫が不足する状態にまで陥っていた。
相方のぱんへいもこの不具合に見舞われ、苦労の末に修理できた経緯を記事で綴っている。
 
関連記事:
 
なお、このiOSアップデートで不具合が完全に修正されたというわけではないようなので、iOS 10.2.1にアップデートしたあとにも同症状が発生する場合には、Appleのジーニアスバーに相談しに行くことをオススメする。
ジーニアスバーの予約は、「Apple サポート」というAppからおこなえる。便利なAppなので、とりあえずダウンロードしておくといいだろう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加