ドコモ、Nexus 5Xを一括648円で投げ売り! 最安プランだと月額いくらで運用できる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
Galaxy Nexusの悲劇、再びか。
ドコモは、本日3月1日より、Google謹製のAndroidスマートフォン「Nexus 5X」を端末購入サポートの対象機種に追加した。
これにより、なんと本体価格が一括648円で購入できるようになった。
Nexusは素晴らしいスマートフォンだし、ここまで安くなると、メインだけでなくサブ端末としても購入を考える人がいるかと思うので、今回はサブでの運用を想定し、最安プランを選んだ場合、月額いくらから持てるようになるかを紹介する!

スポンサーリンク



そもそも、Nexus 5Xって?

 
出典:NTT docomo
 
Nexus 5Xは、2015年に発売されたGoogle謹製のAndroidスマートフォン。
GalaxyやXperiaなどとは違い、尖ったスペックや機能こそないものの、Androidのリファレンスモデルとして、いち早くOSアップデートやセキュリティアップデートが配信される端末で、根強いファンも多い。
GoogleはNexusデバイスに対して、発売から2年間はOSアップデートを保証しているので、このNexus 5Xも、次期OS「Android O」までアップデートが約束されている(また、セキュリティアップデートに関しては3年間保証されている)。
最近では、後継機であるPixelシリーズが発売され(日本は未発売)、長らくAndoridシーンを牽引してきたNexusシリーズは事実上、終焉を迎えた。
つまり、このNexus 5Xは、最後のNexusスマートフォンということになる。
 
関連記事:

ドコモが一括648円で投げ売り

 
ドコモのNexus 5Xの端末価格は93,312円だが、端末購入サポートにより、端末価格に92,664円の割引が適用され、一括648円で販売されている。
これはMNP(他社からの乗り換え)だけでなく、新規契約、機種変更も同様に適用される。
端末購入サポートは、購入した月の翌月から12ヶ月間、対象端末と対象プランの継続利用を条件に端末価格を割り引くというもの。
対象期間中に変更・機種変更・解約・回線休止をおこなうと、端末購入サポートの解除料として46,332円を返還する必要がある。
 
約10万円の端末が648円で売られるだなんて、まさに投げ売りという言葉しか思いつかない。
ドコモが取り扱うNexusシリーズは、過去の「Galaxy Nexus」を含めて2機種目になるが、このGalaxy Nexusもまた、一括0円+高額キャッシュバックといった無茶苦茶な売り方で在庫処分された経緯がある。
我々ユーザーにとっては嬉しいかぎりのキャンペーンだが、今は亡きNexusシリーズを偲ぶと、その不遇さにちょっと可哀想な気持ちになってくる。

最安プランだといくらで運用できるのか?

 
さて、このNexus 5Xだが、とてもいいスマートフォンなので、メインだけでなく、サブ端末として持っておきたい方も多いと思う。
サブ端末で運用する場合、最安プランだと月額いくらで運用できるかを考えてみた。
今回は新規で契約するケースを想定して紹介していくが、機種変更、MNP(他社からの乗り換え)についてもほぼ同様なので、参考まで。
 

ドコモの最安プラン

①:基本料金
「カケホーダイライトプラン」 1,700円(2年間の定期契約あり
 
②:パケットパック
「データSパック(2GB)」 3,500円
 
③:インターネット接続サービス
「spモード」 300円(必須)
 
ドコモにおける基本料金、パケットパックの最安プランは上記のとおり。
インターネット接続サービスである「spモード」は契約必須なので、これを含めると、月額は5,940円(税込)となる(※端末一括購入の場合)。
ちなみに、学生の場合は学割を適用することで1,000円の割引が受けられる。
 
こうして見てみると、端末が一括648円で売られているとはいえ、月額5,000~6,000円というのは決して安くないことがわかる。
それこそ昔はキャッシュバックや月額サポートの恩恵で月額数百円運用といったこともできていたが、総務省の指導によりそれらが廃止された今、大手3キャリアの月額料金は実質値上げし、投げ売りされてもあまり旨味が感じられないという結果に。
中古ショップによるNexus 5Xの買取価格も、未使用品で20,000円強が相場で、売ったとしても大したメリットが得られない。
GoogleやNexusが好きで「どうしてもNexus 5Xがほしい!」という方を除いて、今回の投げ売りは見送りが安定かもしれない。

総評

今回は、NTT docomoでNexus 5Xを最安運用する場合を想定して記事を紹介した。
個人的な感想としては、一括648円という一見お得感のある案件ながら、実際に運用するとなると結構お金がかかるという印象。
 
ただ、これはあくまでもサブ端末として使う場合なので、メインで2年間がっつり使っていくなら、考え方によってはお得かもしれない。
スペック的にも、十分2年メインで使える性能を持っていると思うので、最新機種にこだわらない方なら選択肢にも入るだろう。
 
購入したい方は、以下のドコモオンラインショップからどうぞ!
※ただし、執筆時点では在庫切れとなっているので、オンラインで予約するよりも、実店舗で購入したほうが早く手に入ると思われる。
 
 
また、サブ端末としてどうしてもNexus 5Xがほしい場合は、AmazonでSIMフリー版を購入し、格安SIMで運用するのがベター。
本体価格は約40,000円だが、格安SIMならランニングコストが大幅に抑えられるので、ドコモで契約するよりトータルでは圧倒的にお得だ。
 
Amazonでの購入は、以下のリンクからどうぞ!
 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加