次期iPad Proは3サイズ展開との噂。それもう「Pro」って要らなくない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
出典:ITmedia
 
gori.meによると、3月末に発表が噂されている次期iPad Proシリーズは、7.9インチ、10.5インチ、12.9インチの3サイズ展開の可能性があるという。
7.9インチは現行「iPad mini 4」の後継で、10.5インチは現行「iPad Pro 9.7インチ」がサイズはそのままにベゼルレス化する模様。
Apple PencilやSmart Keyboardを使えるiPadが 3つのサイズから選択できることになり、特にminiユーザーには朗報なのではないだろうか。
 
ただ、こうなってくると個人的にとある疑問が頭に浮かぶ。
それは、「次期iPad Proに、“Pro”って必要なんだろか?」ということだ。
 
現行のiPad Proは、既存のラインナップにiPad Airがあり、iPad miniがあり、それらと比べてApple PencilやSmart Keyboardが使える等、差別化が図れるというニュアンスから、「Pro」という名称がつけられたのだとぼくは解釈していた。
しかし、先述のように次期iPad Proにおいては、3サイズ展開のうち、7.9インチが現行mini4の後継機扱いになるとされている。
すると、iPadシリーズは実質的に「Pro」モデル以外、新作のラインナップが存在しないことになってしまう。
 
今後、iPad Proが3サイズ展開になったことから、「iPad Air3」や「iPad mini 5」といったPro以外の端末が出る可能性は限りなく低いと思われる。
つまり、iPad Proは、いったい何と比べてのProなのか?ということが、定義できない状態になるということだ。
 
思えば、最近のAppleはラインナップをいたずらに増やしすぎているのではないだろうか。
iPhoneなら、無印、Plus、SE。
iPadなら、Pro、Air、mini。
Macなら、MacBook、MackBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac Pro。
さらに、これらに加えてカラーバリエーションも増えている。
多様なラインナップ展開は、ユーザーの選択肢が拡がるという意味合いでは嬉しいかぎりだが、雑多で煩雑な印象を与えかねないとぼくは思う。
少なくとも、スティーブ・ジョブズがいた頃のかつてのAppleからは考えられない、明らかに大衆に迎合している状態だ。
それがいいか悪いかは別として、いちファンとしても、もう少しラインナップがすっきりしないものかなと思う。
 
閑話休題。
要するに、次期iPad Proが3サイズ展開になるなら、もういっそ「Pro」を外して「iPad」で売ればいいのに、ということが言いたかった(笑)。
 
でも、スクラップ・アンド・ビルドという言葉があるように、ラインナップが増えたあとには、ラインナップが減る流れがまたやってくると予想する。
アップルに限らず、サムスンやソニーも、ナンバリングや法則性のないネーミング、雑多なサイズ展開から、いずれは脱却することだろう。
個人的には、特にアップルこそ、大衆迎合しすぎるのではなく、プライドを持って「これだ!」と思えるプロダクトを市場に投下してほしいと思う。
 
ともあれ、次期iPad Proは3月末のスペシャルイベントにて発表予定とのこと。
残りあと約1ヶ月もないが、どんな端末になるのか、楽しみに待とうと思う。
 
 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加