Incase「Slim Sleeve for iPad Pro」レビュー。マジで、ガチで、Proユーザーは必携!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
iPad Proを持ち運ぶ時、一番ネックとなるのがApple Pencilの収納場所だろう。
Surfaceのように本体にくっつけられる仕様ではないし、結構長さもあるのでかさばってしまう。
だが、そんな悩みを一発で解決してくれる素晴らしいスリーブケースがある。
それが、Incaseの「Slim Sleeve with Ecoya for iPad Pro」だ。
価格はAppleストアで9.7インチ用が4,800円(税別)、12.9インチ用が5,800円(税別)。
決して気軽に買える値段ではないが、とにかく完成度が高く、個人的にもお気に入りなので紹介したい。
(※なお、今回は、ぼくが愛用している9.7インチ用のものをレビューする)

スポンサーリンク



iPad Proを完全に保護

 
 
このSlim Sleeveは、iPad Proの流れるようなフォルムに美しくマッチし、内側には傷やへこみから守るために起毛素材のクッションがライニングされている。
外側はしっかりとした作りになっているので、バッグなどに放り込んでもしっかりとiPad Proを保護してくれる。
 
 
 
かっこいい「Incase」ロゴ。
Incaseは、AppleがMacBook専用のリュックを共同開発するなど、信頼を寄せているブランドだ。

Smart CoverやSmart Keyboardにも対応

 
 
このSlim Sleeveは、iPad Pro純正のSmart CoverやSmart Keyboardを装着した状態で収納が可能。
これにより、屋外でカバーをスタンドにして動画を観たり、キーボードで文章を書いたりといったことが手軽にできる。

Apple Pencil専用のスロットを搭載

 
さらに、もっとすごいのが、このSlim SleeveはApple Pencil専用のスロットを搭載している点。
冒頭でも述べたとおり、iPad ProユーザーにとってApple Pencilの持ち運びはネックとなる課題。
それが、このSlim Sleeveなら何不自由なくApple Pencilを携帯できるようになる。
もはや、これだけでもProユーザーは必携だといえるだろう。

全部入りした時の厚みは?

 
Smart Keyboardを装着したiPad ProとApple Pencilを収納すると、厚みはこのくらい。
だいたい2cm程度なので、比較的持ち運びもしやすいといえるだろう。個人的にはまったく気にならない。

総評:Proユーザーはマジで、ガチで、買ったほうがいい。

手放しの絶賛になってしまうが、Proユーザーなら、これは本当に持っておいたほうがいいと思う。
Incaseのブランド力、デザインや素材、質感、耐久性、機能性、どれを取っても一級品だ。
これさえあれば他のケースやスリーブは不要なんじゃないかとさえ思うほど、ぼくは気に入って愛用している。
気になった方は、以下のリンクよりどうぞ!
 
 
 
 
なお、Amazonでもあるにはあるのだが、以下のリンクを見てもらえばわかるように、本記事を書いている現時点で、なぜか定価よりべらぼうに高い値段で売られている。
 
 
なので、購入する場合は必ずAppleストアを選ぶようにしよう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加