Bluetooth ワイヤレス イヤホン”SoundPEATS Q12”レビュー。ランニングのお供に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

どうも、ぱんへいです。

最近Bluetoothイヤホンがアツいですね!

かくゆう僕もiPhone7への機種変と日頃の運動不足解消のためにBluetoothイヤホンを探していました。

ということで、アマゾンでも評価が高く、ひろりんにもオススメされたSoundPEATS Q12を購入したのでレビューします。

関連記事:AirPodsとBeats Xを比較! 結局、どちらを買うべきなのか?

スポンサーリンク



SoundPEATS Q12 レビュー。

現在(2017/03/14)、Amazonで2899円で販売されています。

特徴

主な仕様は以下の通り。

・aptX高音質コーデック対応

・Bluetooth4.1対応

・CVC6.0ノイズキャンセリング技術搭載

・マグネット搭載

・1回約2時間の充電で約6時間の連続使用(通話・音楽再生)と180時間の待機(接続したiOSデバイスにはバッテリー残量も表示)

・IPX4防水等級、IP4X防塵等級 

iPhoneではaptXは非対応ですが、Amazonの商品紹介によるとiPhoneでも同レベルで音が聞こえるそうです。

外観

外箱と専用ケースです。価格は安いですが高級感があります。

内容物は、専用ケースとイヤホン本体、また充電ケーブルとイヤーチップ(大中小)とフック(こちらも大中小)です。イヤーチップやフックのサイズを変えられるので自分の耳にフィットさせて使うことができます。

シルバーの部分にマグネットが搭載されており、使用しない時にイヤホン先端同士をくっつけて首にぶら下げることができます。ランニングの際に地味に便利ですね。

音質

音質は低音よりで、ドラムなどの打楽器が奥行きを持って聞こえます。といっても、あまり強いわけではなく、バックミュージックが強調されてボーカルの声が聞こえづらいということはありません。(ちなみに、ぼくは普段オーディオテクニカのCKS99を使用しています。)

特徴的な音や特段の力強さはありませんが、全体的にはっきり音が聞こえ、ランニング中や作業中には問題なく使用できます。特にこだわりがないのであれば、充分な音質と感じるでしょう。

また遮音性も高いので作業中は集中できます。ただしランニングの際には周囲に注意を払ってくださいね。

使用

本体は軽く、フックが装備されているのでランニング中も落ちることはありませんでした。

またBluetoothの接続も簡単です。

初回は中央のボタンを長押しするとスマホ側で確認できるので設定します。その後は電源をつけると自動で接続します。

いまいちな点

いまいちな点は2つ。

ひとつは、電源のオンオフや接続の際に流れる日本語音声がやや大きいことです。これは調節できないようで、音声が大きいと認識していないとびっくりします。

また、購入する物によるかとは思いますが、僕の場合、充電用の接続部のフタがどうもゆるく、すぐに空いてしまいます。防水の観点からすると残念です。

総評

はじめてのBluetoothイヤホンです。

思った以上に音質が良く、また充電持ちもかなりいいです。音飛びや遅延もなく問題なく使用できています。

ランニングや料理中に使用していますが、ズレ落ちることもなく快適です。

これが3000円以下で買えるのは素晴らしいと感じました。

AirPodsやbeatsXには手が出ないけど、Bluetoothイヤホンを使ってみたい方にはオススメできるイヤホンです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加