Apple、「iPhone 7 / 7 Plus」のレッドモデルを発表。とにかく赤い! ド派手!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
 
 
Appleは3月21日(現地時間)、「iPhone 7/7 Plus」の新色として、レッドモデルを追加した。
25日午前0時01分(日本時間)から注文を受け付ける。
価格はiPhone 7の128GBモデルが8万3,800円、256GBモデルが9万4,800円、iPhone 7 Plusの128GBが9万6,800円、256GBモデルが10万7,800円(すべて税別)。
レッドモデルの売上げの一部は、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に寄付されるという。

まるで日の丸のようなデザイン

 
見てのとおり、このレッドモデルは白のフロントパネルに赤のバックパネル。
日本人なら、日の丸の国旗が思い浮かぶ人も多いのではないだろうか。
これまでiPod touchなどでは発売されていた“PRODUCT RED”シリーズが、とうとうiPhoneにも登場したかたちだ。
 
 
 
最近、「Beats Pill+」や純正のバッテリーケースでもPRODUCT REDのカラバリが出たことから、iPhoneもいずれは出るのかもと思っていたが、まさかこんなに早く出るとは!
写真だけでも、とにかくド派手。同じアルミだし、ちょっとHTCのスマホみたいだ。
発売直後はそこそこ売れるだろうけど、長い目で見るとローズゴールドが好きな層と被りそうな気もする。
 
個人的には、このレッドモデルの追加が今回かぎりなのか、iPhone 8以降も継続されるのか気になるところではある。
iPhoneで出たなら、もしかして次はiPad?(笑)
でも、もしiPadの大きさでこんな派手な色のものが出ても、さすがに外では使いづらいだろうと思う。
 
ともあれ、発売日は今週土曜。
購入を検討している方は、Appleオンラインからどうぞ!
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加