iPhone・iPadでテレビが観られるようになるチューナー「ピクセラ StationTV」レビュー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
ぼくの部屋にはテレビがない。理由は単純で、設置するスペースがないから。
だからずっと、クラスの友達が「昨日のドラマさー」とテレビ番組の話題を交わしているなかに入れなかった。
いつしかぼくはクラスに馴染めず、休み時間には机に突っ伏して寝たフリをしてやり過ごすほかなくなった。
 
でも大丈夫、ぼくは社会人。
同僚もみんな大人なので、テレビの話題なんて全然しない。
さらに大丈夫、ぼくには友達がいない。
同僚とも、もともと必要以上に会話なんてしないんだ。
 
って、言いたいのはそんなことじゃない(真顔)。

閑話休題

 
そんなわけで、テレビがなければスマホで観ればいいじゃない!と思い立ち、最近ネットで話題になっている、iPhoneやiPadでテレビが観られるようになるモバイルテレビチューナー「ピクセラ StationTV」を購入してみた。
価格は12,800円(税込)で、Amazonだともう少し安く手に入る。
 
 
この「ピクセラ StationTV」、使い方は非常に簡単で、専用アプリ(無料)をダウンロードして、iPhone/iPadのLightning端子に差し込むだけ。
たったこれだけで、フルセグやワンセグでテレビ番組が楽しめるというスグレモノ。
しかも、なんと番組の録画だってできちゃう! すげえ!(ステマくさいけど企業案件とか提供では一切ございません)
 
 
  
操作方法は、あらたまって説明するほど難しいものではないのだけれど、手順としては、まずAppストアから「モバイルTV」というアプリをダウンロードする。
 
 
 
次に、iPhone/iPadのLightning端子にチューナーを差し込んで、アプリを起動する。
ハイ、たったこれだけ。
以上(笑)。
 
注意事項としては、iPhone/iPadのサイレントモードを解除しておかないとスピーカーから音が出ないことくらいか。
操作自体に難しいところは何ひとつとしてない。本当に、素晴らしすぎる。
 
こんなに簡単にスマホやタブレットでテレビが観られる時代になったとは……。
Androidならフルセグやワンセグ機能が搭載されているものも多いが、iPhone/iPadにはそれがなく、ずっと不便に思っていたユーザーも多いのではないだろうか。
この「ピクセラ StationTV」は、そんなiOSユーザーの不満を一瞬で解決してくれるスゴいガジェットなのだ。
 

残念なところ

といっても、この「ピクセラ StationTV」、残念なところがまったくないわけではない。
あまり褒めちぎりすぎると本当にステマとか企業案件とか提供を疑われかねないので(笑)、ここからは、しばらく使ってみてぼくが感じたネガティブな点を紹介しようと思う。

①:キャリングケースが付属されていない

 
「ピクセラ StationTV」の外箱のなかには、無骨に本体(と取扱説明書)が入っているのみで、持ち運びや収納する時に使うキャリングケースのような類のものは一切ついてこない。
これは正直いただけないというか、ユーザーの利便性が考えられていないように思えて残念だった。
見てのとおり、この製品はLightningコネクタが剥き出しになっているので、裸のままバッグなどに入れて持ち運ぶには、耐久性にやや不安を感じてしまう。
せめて以下のような、Lightningコネクタ部分を保護するキャップだけでも付属できなかったのだろうか。
 

②:一部のiPhoneケースとの併用ができない

 
「ピクセラ Station TV」をiPhoneで使おうと考えている場合、ケースをつけている人は注意が必要だ。
ぼくは基本的に裸運用なので大丈夫だが、この製品はLightningコネクタが短いので、ケースを着用した状態のiPhoneには挿さらない場合がある。
これはもう周辺機器の仕様というか宿命というか、致し方ない部分もあるとは思うのだが、たとえばメーカー側もコネクタ部分を伸び縮みできる可動式にするなどして、ある程度対策することができたのではないかとも思う。

総評:iOSユーザーは買ってよし! 

 
ともあれ、細かい不満点こそあるものの、ベッドでごろごろしながらiPadでテレビが観られる幸せのほうが遥かに勝るので、個人的にこの「ピクセラ StationTV」は断然“買い”な製品だ。
なにより操作が簡単すぎるので、自分用にはもちろん、親や友達などへのプレゼントとしても重宝しそう。
ぼくもこの「ピクセラ StationTV」のおかげで、大好きな「行列のできる法律相談所」や「しゃべくり007」を観られるようになったので、久しぶりにテレビがある生活を満喫しようと思う!(笑)
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加