iPhone 8 / 8 Plusが発売されたけど、ぼくは(多分)買わない。

0
お久しぶりです。ガジェぶろ.comの記事担当・ひろりんです。
気がつけば前回の更新から結構間が空いてしまいました。
この間、公私共にいろいろありまして、なかなか記事を書く時間が捻出できず……。
 
さて、ぼちぼち更新を再開していこうかと考えておりまして。
やはり今一番ホットな新型iPhone(iPhone 8 / 8 Plus・iPhone X)について書いてみようかと。
とりあえず今回はiPhone 8 / 8 Plusについて、ぼくの思うところをつらつらと。
最後までお付き合いいただけますと幸いです。
 
では、文体を戻します。笑

スポンサーリンク



iPhone 8 / 8 Plus

 
先日発売された新型iPhone、iPhone 8 / 8 Plusを家電量販店で見て触ってきた。
店頭にはiPhone 8のスペースグレイモデルと、iPhone 8 Plusのゴールドモデルがデモ機として設置されていた。
写真のとおり、デザインは背面がガラス仕様になったくらいで、ほとんどiPhone 7と変わらない。
ここではレビューなどは敢えて書かないので、そちらは他の大手ブログさんを参考にしていただければと思う。
 
大きなデザイン変更がなされたiPhone Xとは違って、iPhone 8 / 8 Plusは、正統進化を遂げた今までの集大成といった印象。
毎年iPhoneを買い替えているぼくからすれば、iPhone 8 / 8 Plusは、間違いなく“買い”な製品だろう。
 
でも、ぼくは今回のiPhoneは(多分)買わない。
その理由は、新しくなったカラーバリエーションにある。

iPhone 8 / 8 Plusのカラーバリエーション

引用:Apple
 
iPhone 8 / 8 Plusのカラーバリエーションは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3種類。
ローズゴールドやブラック、ジェットブラックはディスコンされ、シンプルな3色に戻った。
 
ぼくはiPhoneをはじめ、iPad、Apple Watch、MacBook、ヘッドホンなど、Apple製品をすべてゴールドで統一している。
なので、他のカラーが廃止されるなか、大好きなゴールドが生き残って一安心……かと思いきや。
 
 
引用:AppBank
 
iPhone 8 / 8 Plusのゴールドは、これまでのApple製品で使われていたゴールドとまったく異なる色合いだった。
上の画像を見てもらえば一目瞭然だが、ふたつのiPhoneが重なったうち、上がiPhone 7のゴールドで、下がiPhone 8のゴールド。
明らかにiPhone 8のゴールドは、ピンク寄りとなっている。
 
言うなれば、iPhone 7はイエローゴールドで、iPhone 8はピンクゴールドといったところ。
どちらかというと、ローズゴールドと同系統の色になってしまっているのだ。
 
しかもAppleは、この色を「ゴールド」という名称でラインナップしている。
今後、Apple製品で「ゴールド」といえば、このピンクゴールドとなるのであって、従来のイエローゴールドではなくなるということだ。
 
つまり、本当にディスコンされたのはゴールドだったということ!!!!(泣)
 
あくまで個人の見解だが、このゴールドは男性が持つのはちょっとキツイよなぁ……というのが、ぼくの正直な感想。
せっかく統一していたiPadやApple Watch、MacBookとも整合性がとれなくなり、もはやゴールドを買う理由もなくなってしまった。
 
よって、ぼくは高いお金を払ってまでiPhone 8を買う意欲がまったくなくなってしまった。
というより、今後しばらくは今のiPhone 7(ゴールド)を大切に使っていこうという気持ちにさえなっていた。

iPhone 7を長く愛用していこう!

 
というわけで、ぼくはこれからも今持っているiPhone 7を長く使っていくことにした。
スペック的には十二分だし、1年使っていて何も不満がないし、何よりも大好きなイエローゴールドが美しいから。
 
しかしAppleの思い切ったディスコン具合には毎回困惑してしまう。
基本となる黒系と白系のカラーバリエーション以外、いつなくなっても(変更になっても)おかしくないということが痛いほどわかった。
 
今はこのままでいいけれど、いずれこのiPhone 7を機種変更しなくてはならなくなった時、ぼくはいったい何を買えばいいのだろう。
その日を見越して、今度からApple製品をスペースグレイかシルバーで揃えるようにしようかとも思っている。
 
0