iPhone 10周年記念モデル「iPhone X」。凹デザインがダサい! でも、ちょっとほしい……

0
引用:Apple
 
前回のiPhone 8 / 8 Plusの記事に続いて、今回はiPhone 10周年記念モデル「iPhone X」についてぼくの思うことを書いていこうと思う。
※まだ発売されていないうえ、実機も触れていないので、あくまでもネット情報からのみの見解になることを先に添えておく

スポンサーリンク



賛否両論の凹ディスプレイ

iPhone Xは、iPhoneの象徴でもあったホームボタンをついに廃止し、ほぼ全面ディスプレイで構成された新モデル。
とはいえ、全面ディスプレイのスマホはGalaxy S8 / S8+をはじめ、最近のトレンドになっているので、特に革新的というほどではない。
 
しかしながら、このiPhone Xは他の全面ディスプレイのスマホとは一線を画す部分がひとつだけある。
 
それがこちら。
 
 
引用:engadget
 
ディスプレイ上部の凹デザイン!!
 
これはインカメラやセンサーがあるための仕様だが、この凹部分がよくも悪くも強烈な印象を与え、ネット上でも賛否両論となっている。
個人的には、どうしても手持ちのGalaxy S8+と比較してしまうので、なかなかダサいなーという感想。
 
 
引用:engadget
 
写真を全画面表示してもこの部分だけくり抜かれた状態になるようで、なんだか不細工だ。
これはつまり、せっかく撮った写真が完全に表示されていないということになる。
いくら有機ELディスプレイの発色が綺麗でも、こういう細かいところでちゃんとできていないと不満は残るだろう。
せめて設定などで、センサーまわりの縁だけ黒くできるような機能をつけてくれるといいんだけれども(すでにあるのかな?)。

とはいえ、カメラ性能は気になる

引用:gori.me
 
iPhone Xのアウトカメラは、iPhone 8 Plusと同じ望遠+広角のデュアルレンズ。
つまり、今までPlusシリーズでしか使えなかったポートレートモードが使えるので、ぼくとしてはこの部分に魅力を感じる。
 
ポートレートモードは、実装された時からいいなと思っていた。
もちろんミラーレスやコンデジなどで撮ったほうが綺麗に背景をぼかせるし、被写体の輪郭がおかしくなる時があるなどマイナス面も見られるが、それでも、iPhone1台でそこそこな写真が撮れるというのは魅力的だ。
なので、ずっと使ってみたかったのだけど、残念ながらこのポートレートモードはPlusシリーズのみの実装。
Plusシリーズは本体サイズが大きすぎるので、ぼくのなかでは選択肢に入らなかった。
 
 
引用:gori.me
 
無印のiPhoneとほぼ同等サイズのiPhone Xでもポートレートモードが使えるというのは、かなり嬉しい。
さすがに「このためだけに機種変更!」とまではいかないが、選択する際にメリットのひとつには入るだろう。

ある意味、ナンバリングから開放されたモデルなので長く使える

引用:Apple
 
もうひとつ、iPhone XはこれまでのiPhoneシリーズのナンバリングに準拠しないモデルなのもいいところ。
個人的に、iPhone 6、iPhone 7、iPhone 8……とナンバリングがあるものは、一年経てば時代遅れになる感もあった。
 
だが、このiPhone Xは10周年を記念して出されたプレミアムモデル。
「X」とは10周年記念という意味の「10」であり、来年発売するiPhoneが「iPhone XI」とはならないのである(おそらく)。
なので、iPhone SE同様、時代を気にせずに長く使えそうで、この点も素敵だなと思っている。
 
ちなみに、AppleはiPhone 8→iPhone Xと、事実上「9」を飛ばしてしまったので、ぼくは来年発売の新iPhoneの名称を「iPhone」と「iPhone Pro」になるのではないかと予想している(そして、同時にPlusはディスコンになりそうな気がする)。

予約は10月27日(金)から

ここまで長々と書いてきたが、ぼくはiPhone Xについて、凹デザインにダサさを感じているものの、概ね魅力を感じている。
価格が約12万円からとかなりお高いものの、大ヒットモデルになることは必至だろう。
ぼくは前の記事にも書いたとおり、iPhone 7を愛用していくつもりなので、iPhone Xも多分スルーする(はず)。
 
iPhone Xの予約受付は10月27日(金)の16時01分からスタート予定。
絶対争奪戦になるので、購入を考えている方は、その日になったらパソコンの前に待機してチャレンジしてみよう!
0