PUBG、荒野行動、フォートナイトがサービス停止の噂。バトロワゲームは今後どうなる⁉︎

0
PUBG
 
こんにちは、ひろりんです!
 
なにやら不穏な噂を耳にしたので、居ても立っても居られなくなり、記事を書いています。
 
これはあくまでも噂の段階であり、確定情報ではないので、100%鵜呑みにするべきではありませんが、どうやら、「PUBG」「荒野行動」「フォートナイト」などの人気バトロワゲームが、今後サービスを停止・終了してしまうかもしれないということなんです。
 
情報ソースはPCGamesなどの海外メディアからのようで、それによると、中国がオンラインゲームのサービス認可を再開し、審査機関である「オンラインゲーム倫理委員会」で審査がおこなわれたとのこと。
 
そのなかでは20本のゲームが審査され、同じく海外メディアのRadditによると、「PUBG」「荒野行動」「フォートナイト」などの人気ゲームにサービス禁止・撤退を言い渡されたようです。
 
中国では近年、子どもの成長や勉強などへの影響に配慮する方針から、ゲームの暴力表現や性表現に対する規制が強化されており、今回の噂もその一連の流れからきているようです。
 
これが本当だとしたら、もうショックどころの騒ぎではありません……。

スポンサーリンク



もし中国でサービス停止になったらどうなるか

「別に中国でサービスが停止になったとしても、気にせず他国でサービスを続ければいいだけの話では?」
 
このニュースを知ったユーザーの皆様の大半は、そう感じるかもしれません。
 
ですが、たとえば「PUBG」を例に挙げると、ゲーム内の中国のユーザー数は、全体のなんと約25%にも及びます。
 
企業としては、一気にそれだけの数のユーザーを失うということで、これは非常に大きな損失であり、今後のサービス継続の可否に直結する大問題です。
 
営利を追求するのが株式会社の使命ですので、そうなれば、ゲーム産業以外のもっと利益が出る事業のほうに方針変更しても、なんら不思議ではないでしょう。

実際に日本への影響はどうなのか

では、もし噂が本当で、中国でゲームのサービスが停止になった場合、日本でもプレイすることができなくなる可能性はあるのでしょうか?
 
ここからはぼく個人の考え方にはなりますが、少なくともビッグタイトルに関しては、当面は変わらずサービスが継続されるのでは、と考えます。
 
25%のユーザーを損失するとはいえ、「PUBG」などは規模があまりにも巨大ですので、当面は残りの75%のユーザー数を維持・成長させるために、サービスを継続する道を選ぶかと思います。
 
そもそも「PUBG」の親会社は韓国企業ですし、「フォートナイト」の親会社はアメリカ企業です。「荒野行動」だけ中国企業ですが、ゲーム内の売上げのほとんどは日本からのようなので、こちらも直接的な影響にはなりえないでしょう。
 
そして、さらに売上げが低迷してしまったとしても、タイトルを身売りし、どこかの大手ゲーム会社がその権利を買い取るなどして、もうしばらくサービスが継続されるはずです。
 
そうやってジリ貧でも継続され続け、それでもどうしようもないほどにオワコン化したその時こそ、ついにサービスの停止・終了となるのではないかと予想します。
 
なので、中国でサービスが停止したからといって、すぐに日本やその他の国でプレイできなくなるということはまずありえないので、その点は安心してもいいのかな、と。
 
むしろ、中国でサービスが停止されたあとこそ、我々ユーザーがいかにお金を落とすか、課金するかで、そのゲームの未来が左右されることになるでしょうね。
 
※あくまでぼく個人の予想ですので、参考程度に留めておいてください

今、ぼくらにできること

この噂に対して、今、ぼくらができることは何ひとつとしてありません。
 
そもそも真偽が不確かですし、もし仮にこの噂が事実だとしても、相手は中国政府そのものなのわけで、いち小市民である我々が敵うはずがありません。
 
なので、今は不確定なことはあまり気にせずに、いつもどおり大好きなゲームを精一杯楽しむのが一番かと思います。
 
人がいつか死ぬように、ゲームもまた、終わる日がくるのかもしれません。
 
それなら、その日までたくさんそのゲームをプレイすることが、今のぼくらにできる唯一のことです。
 
ぼくも「PUBG MOBILE」が大好きなので、今夜もまたこれからプレイします。
 
皆様も、今はネガティヴな感情は置いておいて、それぞれの大好きなバトルロワイヤルゲームを楽しんでいきましょう!
 
以上、「PUBG」「荒野行動」「フォートナイト」のサービス停止の噂に関するぼくなりの感想でした。
 
Twitter やってます! フォローよろしくお願いします!
 
ブログ用アカウント:@hiropan_gadget
 
ひろりん(記事執筆担当):@Setsuna_Evgr
 
ぱんへい(サイト管理担当):@panhey_shufu
0