Appleの高級ノイズキャンセリングヘッドホン、AirPods Maxをレビューします!

こんにちは、ひろりんです!
 
いつの間にやら立春が過ぎ、暦の上では春になりました。
 
この数ヶ月、ぼくの周りで最近流行りのアレがアレしてあーなっちゃったりして結構大変で、更新できずすみません。
 
お陰様で今は落ち着いておりますので、ぼちぼちブログも書いていこうと思います。
 
AirPods Max
 
さて、今回はちょっと旬が過ぎた観のある(?)「AirPods Max」をレビューします!
 
レビューといっても実はあんまり使えていなくて(ほら、アレがアレしてあーなっちゃったりしてたので!)、ファーストインプレッションがメインですが……。
 
モノ自体は幸いにも発売してすぐに手に入ったのですが、実際に手にするとなかなか日常使いする気が起きなかったです。
 
もちろん、いいなと思うところもあったのですが、自分には合わないかなと思うところのほうが目立ってしまった印象。
 
では、少し前置きが長くなってしまいましたが、ぼくなりにAirPods Maxをレビューしていきたいと思います!
 
 

スポンサーリンク



デザイン

AirPods Max

まずデザインですが、さすがはAppleといいますか、ミニマルで美しい外観に惚れ惚れします。
 
ぼくはシルバーモデルを選びましたが、他にもスペースグレイ、グリーン、ブルー、ピンクといった豊富なカラーバリエーションがありました。
 
とはいえ、Apple製品といえばシルバーでしょう!(※個人の見解です)
 
持っているだけで、つけているだけで所有欲が満たされるのは、やはりApple製品の醍醐味ですよね。
 
AirPods Max拡大
 
こうもシンプルだと右左の区別がつきにくいように思われますが、そこはApple、ちゃんと考えてくれています。
 
耳あての裏側に(写真ではちょっと見えにくいかもしれませんが)RとLの文字があり、そこで識別できるようになっています。
 
AirPods Max拡大
 
充電はLightning端子でおこないます。
 
今まで同じくApple傘下のBeats By Dr.dreヘッドホンはMicro USB端子だったので、このアップデートは嬉しいところ。
 
ただ、もうこの時代ですし、USB Type-Cでもよかったんじゃないかなあと思わなくもないです。
 
Lightningってそこまで便利でもないですしね……。
 
AirPods Max拡大
 
Apple WatchみたいにDigital Crawnを搭載していて、ここで音量が調整できるのは画期的です!
 
でも、装着中にこの部分をまわして音量を調整するのはなかなかやりにくいので、結局iPhoneのほうでコントロールしちゃいますね。
 
AirPods Maxカバー
 
専用ケースが付属するのですが、形がなんとも斬新。笑
 
これはかっこいい……のか? ネット上でも賛否がわかれているようです。

使用してみた感想

着用してみたところ、つけ心地は抜群で、音質もかなりいい感じです。
 
BTSのDynamiteを再生してみたのですが、音の鳴る範囲や奥行きが広く、世界観に没入できます。
 
 
ノイズキャンセリング機能も素晴らしくて、ONにすると周囲の音がほぼ聞こえなくなります。
 
このあたり、AirPods Proも同じですね。
 
ただ、すべてを手放しで褒められるかというとまったくそうではなくて……。
 
ここからは、AirPods Maxについてココがイマイチだなぁと思うところを挙げていきます。

AirPods Maxのココがイマイチ!

①:値段が高い

まず、誰もが最初に思うであろうデメリット、値段が高すぎる!笑
 
だって、定価67,980円(税込)ですよ。7万弱。iPhoneやiPadが買えちゃう価格帯。
 
確かにデザインも音質もノイズキャンセリングも素晴らしいけど、これに7万出せるかと言われると……
 
正直、これを買うくらいなら、コスパ的にSONYのWH-1000XM4を買ったほうがいいと思います。
 
 

②:重い

次にネックとなっているのが、本体の重さ。
 
その重量、実に385g……!
 
ぼくはただでさえ頭が大きいので、こんな重いヘッドホンを長時間つけられるわけがありません。笑
 
AirPods Max使用風景
 
PUBG MOBILEをプレイする時、いつもこの体勢でやっているのですが(部屋着ですみません笑)、AirPods Maxをつけてやるともう頭がしんどくってしんどくって。
 
重さが気になってプレイに集中できないまであります。首へのダメージもきつい……。
 
頭が風船並みに軽い小顔のモデルさんとかなら大丈夫なのでしょうか。この点、ぼくにはちょっと厳しかったです。

③:自分のライフスタイルに合わない

すごく個人的な話なのですが、ぼくが一番イマイチだなと思っているところはこれです。
 
AirPods Maxというか、ヘッドホンというガジェットそのものが自分の今のライフスタイルにことごとく合っていないんですよね……。
 
ぼくは毎日マイカー通勤なので、音楽は(聴くとしたら)カーステレオを使って聴きます。
 
また、自宅では妻が同室にいるので、自分ひとりでヘッドホンをつけて音楽を聴くということがなかなかできません。
 
AppleTVで360°サラウンドオーディオが楽しめるみたいですが、映画もだいたいふたりで一緒に観るので、ぼくだけヘッドホンつけて……というのもおかしな話。
 
今までは休日に都市部に出かける時など、電車移動中には音楽を聴いていたのですが、コロナ禍で電車を使わなくなったのでこれもなくなって。
 
要するに、せっかくのAirPods Maxを使う機会がほぼほぼない!笑
 
なので、そんなガジェットに7万円というのはかなりの浪費だったなあと思わなくもないです。
 
今のぼくのライフスタイルなら、これを買うよりいいスピーカーを買ったほうが音楽を楽しめたかもしれません。

まとめ

AirPods Max

ここまで、個人的な見解をもとにAirPods Maxをレビューしてきました。
 
まとめると、ヘッドホンとしてはとてもいいものだけれども、コスパや使い勝手を考えるとイマイチ、といった感じでしょうか。
 
Appleさん、もうちょっと値段下げられなかったのかな……。
 
結局、小回りのきくイヤホンタイプのAirPods Proのほうがデイリーユースはしやすいのかなと思いました。
 
ヘッドホンだと、前述のSONYのものなど、他にもいい製品はたくさんありますので、わざわざ高いお金を出してこれを買うメリットはないかもしれません。
 
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました! また次回の記事でお会いしましょう!
 
 
Twitter やってます! フォローよろしくお願いします!
 
ブログ用アカウント:@hiropan_gadget
 
ひろりん:@Setsuna_Evgr
 
ぱんへい:@panhey_shufu