iPhone 12シリーズに最適! AouevyoのMagSafe対応車載ホルダーをレビュー!

こんにちは、ひろりんです!
 
ぼくは毎朝、片道20分くらいの車通勤なのですが、その往復40分ちょっとの時間をYouTubeで勉強の動画を流したりNetflixでアニメを流したりと有効活用したいと思うようになって、車載ホルダーを探すことにしました。
 
(※もちろん安全運転が最優先で、音声をBluetoothで流して聴くのがほとんどで、スマホの画面は信号で停まった時などしかほぼ観ません。事故などが起きないように細心の注意を払いながら使用します)
 
それで、これまでレビューなどを参考にして2つほど車載ホルダーを購入したのですが、どちらも出来は悪くないながら、使用に関してちょっとした問題点が……
 
というのも、ぼくはiPhone 12 Pro Maxに純正レザーケースを装着して使用しているのですが、これだと端末の重量がかなり重くて、車載ホルダーが端末を支えきれなくなるんですよね。
 
セッティングしてすぐは大丈夫なのですが、運転を開始して走行中の振動などが加わると、あっという間にスマホがぷらんぷらんするんです。笑
 
さらに、iPhone 12 Pro MaxはiPhoneのなかで一番横幅も大きいので、ホルダーを広げて装着するのも一手間かかり、すべてにおいて面倒でした。
 
そこで、iPhone 12 シリーズにはMagSafeという機能が備わっていることを思い出し、MagSafe対応の車載ホルダーがあれば最強なんじゃね?とAmazonで探してみたところ……なんと、ありました!
 
 
というわけで、この製品を購入してみましたので、今回は「Aouevyo」というメーカーが販売している、こちらのMagSafe対応車載ホルダーについてレビューします!

Aouevyo MagSafe対応車載ホルダー

iPhone 12シリーズに最適! AouevyoのMaSafe対応車載ホルダーをレビュー!

 
もうすでに実際に愛用しているため、装着後の写真での紹介にはなりますが、こちらがその車載ホルダーです。
 
雷マークがプリントされている円状のマグネットがMagSafeの磁石になります。
 
MagSafeなので、シガーソケットを使用するとワイヤレス充電をおこなうこともできるのですが、夏場で高温になりそうなのでぼくは使っていません。
 
また、エアコン吹口に装着できるパーツも付属していましたが、これもぼくの使用用途には合わないので仕舞ってあります。
 

iPhone 12シリーズに最適! AouevyoのMaSafe対応車載ホルダーをレビュー!

 
アーム部分は可動式になっていて、270度まで回転可能、24cmくらいまで伸縮可能らしく、自由度が高そうです。
 
ただ、ぼくは単にスマホを固定したいだけだったので、これらの機能は活用せず、基本シンプルなかたちで使用しています。
 
便利なのだとは思いますが、車載ホルダーにこんな多機能性は必要ないかなあと思います……。
 

iPhone 12シリーズに最適! AouevyoのMaSafe対応車載ホルダーをレビュー!

 
で、実際にiPhone 12 Pro Maxを装着すると、こんな感じ。
 
MagSafeの磁力は結構強いので、悪くない装着感です。走行中も外れる気配はありません。
 
ただ、それでもやはりiPhone 12 Pro Maxが重すぎるからか、ヘッド部分は走行していると若干ポジションがずれてきたりもします。
 

iPhone 12シリーズに最適! AouevyoのMaSafe対応車載ホルダーをレビュー!

 
そこで、思い切って可動部分(赤い矢印のところです)にアロンアルファをくっつけて、完全にヘッドが動かないように改造してみました。笑
 
 
理想的な角度を調整してから一発勝負の塗布だったので、失敗したらどうしようかと少し緊張しましたが……なんとか成功!
 
これで走行中、iPhone 12 Pro Maxを装着していてもビクともしなくなりました。
 
見た目はアレですが、使用感はバッチリです。笑

まとめ

ここまで、AouevyoのMaSafe対応車載ホルダーについて紹介してきました。
 
ぼくはiPhone 12 Pro Maxをレザーケースで使用しているため、アロンアルファによる改造をおこないましたが、普通のiPhone 12やiPhone 12 miniなら問題なく使えるかと思います。
 
ひとまずぼくはこの車載ホルダーで満足しているので、これにて理想の車載ホルダー探しは一段落しそうです。
 
iPhone 11シリーズ以前の方には何ら参考にならない記事だったかとは思いますが、iPhone 12シリーズを使用されている方で、車載ホルダーをお探しの方はぜひチェックしてみてください!
 
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。また次回の記事でお会いしましょう!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です