MagSafeバッテリーパックとAnker PowerCore Magnetic 5000は、使用用途が全く違う。

MagSafeバッテリーパックとAnker PowerCore Magnetic 5000は、使用用途が全く違う。

画像引用:Apple
 
こんにちは、ひろりんです!
 
先日、AppleからiPhone 12シリーズのMagSafeに対応した「MagSafeバッテリーパック」が突如発売されました。
 
 
こちらはiPhone 12シリーズの背面にくっつけることで、最大5Wで充電できるモバイルバッテリーとして使用できるアクセサリー。
 
Lightningケーブルを接続すれば、最大15Wの充電がおこなえるワイヤレス充電器としても使用でき、27W以上のACアダプターと組み合わせれば、より高速な充電が可能とのことです。
 
Appleらしいミニマルデザインや本体の持ちやすさを阻害しないギリギリのサイズ感など、なかなか考えられたプロダクトだと感じます。
 
一方で、電池容量が1460mAhとやや少なめなこと、価格が11800円と高価なことから、コストパフォマンスに優れたサードパーティ製の類似アクセサリーと比較されがち。
 
特によく比べられているのが、Ankerの「PowerCore Magnetic 5000」でしょう。
 
 
しかし、ぼくが思うに、Appleがこの「MagSafeバッテリーパック」に想定している使用用途は、おそらくAnkerのそれとは全く異なる気がするんです。
 
ということで今回は、「MagSafeバッテリーパック」と「PowerCore Magnetic 5000」、このふたつに適した使い方について考えてみようと思います。

「PowerCore Magnetic 5000」は、モバイルバッテリー

「PowerCore Magnetic 5000」は、モバイルバッテリー画像引用:Amazon

Ankerの「PowerCore Magnetic 5000」は、その筐体と5000mAhという容量から見るに、モバイルバッテリーとしての使用が想定されていると思います。
 
iPhoneのバッテリー残量が少なくなってきたら、バッグのなかからサッと取り出し、背面にくっつけて給電しながらiPhoneを操作する。
 
充電ができたら、「PowerCore Magnetic 5000」を取り外して、バッグに仕舞う。
 
帰宅したら、また次の外出に備えて「PowerCore Magnetic 5000」をケーブルに挿して充電しておく。
 
つまり、一般的なモバイルバッテリーをiPhoneの背面にくっつけられるようにしたので、煩わしいケーブルに悩まなくてよくなりましたよ、というプロダクトです。

「MagSafeバッテリーパック」は、拡張バッテリー

「MagSafeバッテリーパック」は、拡張バッテリー画像引用:Apple

一方で、「MagSafeバッテリーパック」は、おそらくモバイルバッテリーではなく、拡張バッテリーという立ち位置です。
 
つまり、頻繁に取り外しするのではなく、基本は常時iPhoneにつけっぱなしにして使用するものということです。
 
いうなれば、ちょうどiPhone 11シリーズまで発売されていたSmart Battery Case」の後継機という扱いなのだと思います。
 
その証拠として、この「MagSafeバッテリーパック」は、装着したままでiPhone本体を充電すると、バッテリーパックも同時に充電することができます。
 
この点も、「Smart Battery Case」と同じ仕様ということになりますね。
 
そう考えると、Ankerの「PowerCore Magnetic 5000」とはまったく使用用途が異なることがわかるかと思います。

まとめ

ここまで、「MagSafeバッテリーパック」と「PowerCore Magnetic 5000」、それぞれの使用用途について考えてみました。
 
このことから、「MagSafeバッテリーパック」は現時点でPhoneの電池持ちに不満がある人、「PowerCore Magnetic 5000」は使いまわしのいいモバイルバッテリーがほしい人に適したプロダクトだといえます。
 
どちらのほうがいい、悪いではなく、まったく別物のコンセプトを持ったアクセサリーだと認識するのがよいですね。
 
ぼく自身は現在iPhone 12 Pro Maxを使っていますが、電池持ちが気になることもなく、また自宅でも職場でも気軽に充電できる環境にあるので、AppleとAnkerのどちらとも購入予定はありません。
 
「MagSafeバッテリーパック」のほうはすでに大人気で、Appleの公式ショップでも出荷日が遅くなってきているそうですので、ほしい方はお早めにチェックされるのがよいかと思います。
 
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!
 
また次回の記事でお会いしましょう!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です