ぼくが最大サイズの端末にこだわる理由 ~大は小を兼ねる!~

ぼくが最大サイズの端末にこだわる理由 ~大は小を兼ねる!~

こんにちは、ひろりんです!

以前、「ぼくの手持ちのガジェット紹介」というテーマで記事を書かせていただきました。
 
 
そのなかで、iPhoneでいう“Max”シリーズなど、最大サイズの端末にを持つことこだわっていることも書きました。
 
よく、「大きいと持ち運びにくくない?」とか、「小回りがきく小さい端末のほうがよくない?」とか言われるのですが……
 
ぼくはぶっちゃけ、大きさ=正義だと思っています!
 
そんなわけで、今回はぼくが最大サイズの端末にこだわっている理由についてご紹介します!

大きい端末を持つようになったきっかけ

ぼくが一番最初に大型サイズの端末を買ったのは、2018年に機種変更した「iPhone 8 Plus」でした。
 
 
それまではiPhone 5s→iPhone 6→iPhone 6s→iPhone 7……と、ずっと通常サイズのiPhoneを使ってきていたのですが、そこで大型サイズに乗り換えました。
 
なぜPlusにしたかというと、昔ハマっていたゲームを大画面でプレイしたかったからというのと、(当時はPlusにしか搭載されていなかった)ポートレートカメラが気になっていたからです。
 
いまはもうiPhone 8 Plusは売却してしまい、手元にはないのですが、いま思い返してもなかなかの名機だったなと感じます。
 
それ以降は大画面iPhoneの魅力にすっかり取り憑かれてしまい、iPhone 8 Plus→iPhone XS Max→iPhone 12 Pro Maxという流れで今に至ります。

なぜ大きい端末を選ぶのか

なぜ大きい端末を選ぶのか

①:大は小を兼ねるから

iPhone 12 Pro Max、iPad Pro 12.9インチ、MacBook Pro 16インチ……ぼくが常に一番大きい端末を選ぶ理由はいくつかありますが、一番の理由は「大は小を兼ねる」と信じているからです。
 
たとえば、小さいモデルを選んだ時に、読書や動画鑑賞していて「もう少し大きくして読みたい(観たい)な」と思うことはあっても、「もう少し小さくして読みたい(観たい)な」と思うことはないですよね。
 
ことコンテンツを楽しむにあたっては、大きいものより小さいもののほうがいいという場面は、まったくといっていいほどないんです。
 
それはウェブブラウジングをする時や、LINEなどの連絡ツールを使用する時にも同じことがいえます。
 
小さいほうがいい場合のメリットって、持ち運びや取りまわしのしやすさが一番だと思うのですが、逆にいうとその問題さえ自分のなかでクリアできれば、大きいほうが総合的にはいいはずなんですよ。
 
で、ぼく自身は大きい端末が持ち運びにくかったり、取りまわしにくかったりしても、実際問題さほど気にならないなということがわかったんです。
 
そんなことよりも大画面のおかげで享受できるメリットのほうが圧倒的に多かったんですね。単純に目(視力)にもいいですし。
 
なので、ぼくはすべての端末で最も大きいモデルを選ぶようにしているんです。

②:一番スペックが高いから

たとえば、「iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは大きさ以外は完全に同スペックである」、というのならまだいいのですが、実際はそうではないですよね。
 
iPhone 12 Pro Maxに搭載されているカメラは、写真の明るさ、ズーム機能、光学式手ブレ補正などの面で、iPhone 12 Proのそれよりも優れています。
 
また、本体が大きいということはそれだけバッテリーも大容量のものが搭載されているため、電池持ちも変わってきます。
 
iPad Pro 12.9インチとiPad Pro 11インチを比較しても同じことが言え、12.9インチには圧倒的な綺麗さを誇る「Liquid Retina XDR」ディスプレイが搭載されています。
 
要するに、Apple自身、「最新の機能は一番大きな端末にしか搭載しない」というスタンスをとっているんですよね。
 
それならば、ガジェットフリークとして、Appleファンとして、最新の機能をいち早く楽しむために、大きな端末を選ぼうじゃないか!という感じです。笑

まとめ

ここまで、ぼくが最大サイズの端末にこだわる理由についてご紹介してきました。
 
もちろん本記事で書いたのは、あくまでもぼく個人の意見であり、小さい端末を選ぶ人の考えを否定するものではありません。
 
ですが、もし大きい端末を「取りまわしが悪い」とか「重そう」という理由で毛嫌いしている方がいらっしゃるなら、一度試しに使ってみてほしいなと思います。
 
きっと思いのほか便利だということを気づいてもらえるはずです。笑
 
ぼくはこれからも(気が変わらないかぎり)最大サイズの端末を選び続けると思います。
 
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!
 
また次回の記事でお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です