【悲報】Netflixがまた値上げ! それでも会員継続をオススメしたい映像作品5選!

こんにちは、ひろりんです!

先日、Netflixからメールがきまして、またしても月額料金が値上げされることになったそうです……。

ぼくが契約しているスタンダートプランはつい半年前も1,300円に値上げしたばかりなように思うのですが、今回また200円も上げられちゃいました。

連日のニュースにもあるように、「イカゲーム」等で多大な収益を上げているにも関わらずこの値上げというのは、正直納得がいきません。

言い方は悪いですが、企業ってこうして邪悪になっていくのだなということをリアルタイムに体験しているような感覚です。

これを機に解約してしまおうか……とも思ったのですが、まだ観たい作品もあるので、もうしばらくは会員を継続しようかと思います(←いいカモ)。

実際、Netflixってお金があるからか、ほかのサブスクと比べてもいい作品が多いんですよね~。もちろんPrimeビデオ等で賄えるものもあるのですが。

ということで今回は、度重なる値上げでNetflixの会員継続を迷われている方へ、解約前に「これだけは観てほしい!」という作品をいくつかご紹介します!

Netflix未契約の方も、これらの作品を観るためだけにお試しで契約してみてもいいと思えるものをピックアップしましたので、ご参考いただければ幸いです!

Netflix配信作品 オススメ5選

①:「イカゲーム」

Netflix URL:https://www.netflix.com/title/81040344

まずはやはり現在も大ヒットしている「イカゲーム」でしょう!

この作品は日本の映画「カイジ」のパクリと揶揄されていますが、実際この「イカゲーム」の作者もカイジの影響を大きく受けていると公言しているので、正しくはパクリではなくインスパイアといったほうがいいでしょう。

内容はカイジ同様、金の亡者たちが賞金をかけてデスゲームに挑むというものなのですが、コテコテながらキャラクターメイクや話の構成が上手く、毎話の引きが秀逸なので、「次もまた観たい!」と強く思わされます。

韓国社会で暮らす庶民の方々の貧しさも垣間見え、エンタメとしてだけでなく、社会的な作品としても考えさせられるところがあります。

このあたり、次に紹介する「パラサイト 半地下の家族」にも同じことがいえますね。

②:「パラサイト 半地下の家族」

Netflix URL:https://www.netflix.com/title/81221938

続いても韓国の作品になりますが、「パラサイト 半地下の家族」もめちゃくちゃおもしろかったです!

なにげに韓国の映画をちゃんと観たのはこれが初めてなのですが、あまりにも面白く、そりゃカンヌ国際映画賞で最高賞獲るわ……と思わされました。

内容は、大金持ちの大豪邸の地下に寄生して暮らす貧しい家族の生活を描いたもの。

裕福な夫妻を巧みに騙して使用人として邸宅に入り込み、そこに家族全員の居場所を確保していく流れはコメディとしても面白いですし、社会的にもいろいろと考えさせられます。

2時間があっという間に終わるほどのめり込める名作だと思います!

③:今際の国のアリス

Netflix URL:https://www.netflix.com/title/80200575

これまでふたつの韓国の作品を紹介してきましたが、我らが日本の作品も負けてはおりません。「今際の国のアリス」が超アツいです!

麻生羽呂さんによる同名漫画を映像化したものなのですが、シーズン2の制作も決定するほどヒットしたので、ご存知の方も多いかもしれません。

内容は、誰もいないがらんとした東京の街に迷い込んでしまった主人公たちが、さまざまなデスゲームに巻き込まれていくというもの。

めっちゃ人が死にます。グロいところも多々あります。でも、おもしろいから観ちゃうんですよねえ……。

いま気づいたのですが、「イカゲーム」も「今際の国のアリス」もNetflixオリジナル作品なのですね。さすが、金持ってるとこは違うわ……!

④:宮本から君へ

Netflix URL:https://www.netflix.com/title/81446830

続いては、個人的に全力でオススメしたい、誰もが一生に一度は絶対に観るべき毒薬のような映画「宮本から君へ」

これはねえ……あまりにもすごすぎて、一生に一度というか、一回観たらもう二回目観れないくらい打ちひしがれてしまいます(実際ぼくも二回目は観れてません)。

熱血営業マン・宮本が恋に仕事に悪戦苦闘する日々を描いた新井英樹さんの同名コミックを映画化したもので、先にドラマ版もあるのですが、そちらを観なくても映画単体で問題なく楽しめますのでご安心ください。

ぼくはこの映画を映画館で観たのですが、観終わったあとはただただ呆然としてしまって、おぼつかない足取りのままシアターを出て、帰りのエレベーターのなかであとから涙が溢れて止まらなかったのを覚えています。

そのくらい衝撃的な作品。まだこの映画を観たことがない、まっさらな状態でこれからこの映画が見られる人が羨ましいです! 超オススメ!!

⑤:なぜ君は総理大臣になれないのか

Netflix URL:https://www.netflix.com/title/81424088

最後は、衆議院議員・小川淳也さんの17年にも及ぶ政治活動に密着したドキュメンタリー「なぜ君は総理大臣になれないのか」

ぼくはここまで愚直で(褒めてます)、不器用で(褒めてます)、馬鹿正直な(何度も言いますが褒めてます)政治家をほかに知りません。

時には、真っ直ぐすぎるがゆえにプチ炎上していることもありますが(笑)、この人のお人柄は、世間一般でいわれる政治家のそれとはかけ離れています。

ただ国をよくしたい。その一心だけでひたすら頑張ってきた男の、17年間の集大成レポート。

いろんな政治観や政治思想がありますが、ぼくはそれ以前に、この映画を観て、すっかり小川淳也という人のファンになってしまいました。

彼のようなが政治家が総理大臣になれるような、そんな素敵な未来がくることを願いながら、ぼくは今度の衆議院議員選挙も投票に行きます。

まとめ

ここまで、Netflixで観られるオススメの映像作品を5つご紹介してきました。

Netflixオリジナル作品である「イカゲーム」「今際の国のアリス」は問題ないかと思いますが、ほかの3本(「パラサイト 半地下の家族」、「宮本から君へ」、「なぜ君は総理大臣になれないのか」)は配信期間が決められている可能性があり、2021年10月20日現在は問題なく視聴できていますが、今後もし観られなくなってしまっていたならすみません。

どれも面白さは保証しますので、最近の度重なる値上げでNetflixに辟易としている方も、解約する前にぜひこの5作品は観てみてください!笑

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました! また次回の記事でお会いしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です