新曲「幸せになる番」の公開によせて

こんにちは! ひろりんです。
今日はガジェぶろ.comの管理人ではなく、作詞家の“切儚(せつな)”として投稿します。
※ひろりんは切儚という名義で作詞活動もおこなっております
 
今年の8月30日に、新曲「幸せになる番」をYouTubeにて公開しました。
この曲は昨年のぼくの結婚式で、妻にサプライズムービーを作ることを計画し、そのなかで使用する曲として制作しました。
手前味噌ですが、本当にとてもいい曲ができたので、今これを読んでくださっている“あなた”に、ぜひ聴いていただきたく思います。
 
 

スポンサーリンク



歌詞

 
「幸せになる番」
 
作詞:切儚
作曲:モノオキP
編曲:つるつるP
歌:モノオキP
 
きみは気まぐれな猫みたい
独りが好きなのに甘えたで
外では極度の人見知り
でもそんなところも好きだよ
 
眼鏡かけたら変わる顔も
たまに失敗する料理も
怒ってる時の沈黙も
何もかもが愛おしいよ
 
この手にあるもの全部きみにあげるよ
だからどうか僕にきみの全部をください
 
ハッピーエンドの映画をいくつも観てきた
素敵なラブソングをたくさん聴いてきた
そのどれもに憧れてずっと夢見ていたこと
今度はきみが幸せになる番だよ
 
運命とか奇跡とか
そんな都合のいい言葉じゃ嫌だ
僕らが僕らで選んだんだ
だからこそ素晴らしい今
 
まるで毎日が初恋みたいだよ
まだ見たことのないきみを余さず知りたい
 
これまで何度も逃げ出したくなる時や
言葉に詰まってやるせない日もあった
だけどいつだってきみは僕を信じてくれたから
今度は僕が幸せにする番だよ
 
いつか歳をとり皺くちゃになっても
変わらずにきみと手を繋いで生きたい
 
ハッピーエンドの映画をいくつも観てきた
素敵なラブソングをたくさん聴いてきた
そのどれもに憧れてずっと夢見ていたこと
今度はきみが幸せになる番だよ
 
今日までに巡りあったすべてにありがとうを
今度は僕らが幸せになる番だよ
 
©2020 STAY GOLD RECORDS

曲の詳細について

結婚式でなにか妻にサプライズがしたい、と思い立ち、この曲を作ろうと決めました。
 
まず作曲家のモノオキPさんにお声がけして、元となるものをふたりで作り上げ、その後、昔から親交があり、プロとしても活動されているつるつるPさん(鍋谷卓摩さん)に編曲とコーラスアレンジをお願いして、現在の形が完成しました。
 
おふたりとも「お祝い事だから」と快く引き受けてくださり、細かいぼくのこだわりやリテイクにも丁寧に対応してくださって、頭が下がりました。
 
本当にありがたい、大切な“ご縁”です。
 
これまでぼくの歌詞は、登場人物のプロフィールや物語などを細かく決めて、それをなぞらえるように書くことがほとんどだったのですが、この曲で初めて、特定の“誰か”のためだけに、自分の気持ちを歌詞にしました。
 
そうしてできあがった歌詞は、改めて読み返すと恥ずかしくもあり、それでいてとても愛おしくも思えるものになりました。
 
単純に、ただのラブレターなんです。ぼくから妻への。
 
ここで多くを語るのは野暮になるくらい、歌詞にすべてを込めたつもりですので、もしよかったら、ぜひ“あなた”にも聴いていただけると嬉しいです。
 
 
それでは、ここまで読んでくださって、ありがとうございました!