Fairywillの電動歯ブラシを買ってみたらコスパ最高だった

0
20
こんにちは! ひろりんです!
 
最近買ってよかったもののひとつに「電動歯ブラシ」があります。
歯ブラシって、普段そこまで意識しないじゃないですか。適当にドラッグストアで安いものを買って、毛先が広がってもしばらく使って、タイミング合えば買い替えて……みたいな。
ましてや電動歯ブラシなんて夢のまた夢、家電量販店で何万円もするものがごろごろあるイメージしかありませんでした。
 
Fairywillの電動歯ブラシ
 
Panasonicとか憧れますけど、独身時代ならまだしも、結婚した今となっては高価なのでおいそれとは買えません。
ですが、個人的に最近イチオシの「ロン毛と坊主とYouTube」のロン毛さんが電動歯ブラシをおすすめしている動画を観て、値段が思いのほか安かったので、「この価格なら失敗してもいいかな?」と軽い気持ちでポチってみたんです。
 
そしたら……大当たり!
 
これねえ、マジでライフハックですよ。素晴らしいです。
あまりにも気に入ったので、今回はその電動歯ブラシについて紹介しようと思います!

スポンサーリンク



Fairywill 電動歯ブラシ

Fairywillの電動歯ブラシ
 
 
ぼくが購入したのが、こちらの「Fairywill 電動歯ブラシ」。
価格はAmazonにて3,598円(1000円クーポンが発行されているので、実質2,598円)。
めっちゃ破格じゃないですか? コレ。
だってPanasonicの十分の一ですよ……。
デザインもシンプルでクールなので、とても気に入っています。
 
Fairywillの電動歯ブラシ
 
凸凹のヘッドで、歯と歯の隙間もばっちり磨けます。
電動なので、毛先が広がることはそうありません。
万一毛先が広がっても替えのヘッドが付属していますし、バラでAmazonで買うこともできるので、何も不自由がありません。
 
 
Fairywillの電動歯ブラシ
 
歯ブラシには、「ホワイトニング」「通常磨き」「センシティブ磨き」「研磨」「マッサージ」という5つのモードがあります。
ぼくは「通常磨き」を主に使い、部分的に「センシティブ磨き」を併用しつつ、たまに歯茎を「マッサージ」でほぐしています。
 
使用にあたっては、30秒ごとに1回間を置くかたちで動作が止まり、それが4回繰り返されると完全にストップします。
説明書によると、口内を右上、右下、左上、左下に4分割し、それぞれ30秒ずつ磨けばOK!とのことですが……
ぼくの場合はそれだと磨いた気にならないので、何回も繰り返し起動させて5~10分くらい磨くようにしています。
 
Fairywillの電動歯ブラシ
 
本体は充電式で、バッテリーがなくなってくると「充電」マークが赤く光ります。
USB充電なのでiPhoneの充電器を使えるのが嬉しいところ。
電動歯ブラシには専用充電器でしか充電できない製品も多いので、このあたりも非常に親切だと思います。

まとめ:コスパよすぎるので超オススメ!

今までずっとアナログの歯ブラシを使ってきましたが、このFairywillの電動歯ブラシを買ってからマジで生活が変わりました。
歯垢がかなりとれてるのが、舌触りでわかるんですよね。
今までちゃんと磨けていなかったってことなのかな……本当に感動しています。
値段も手頃だし、デザインもかっこいいので、電動歯ブラシ未所持の方は購入することをオススメします!!
 
 
 
 
Twitter やってます! フォローよろしくお願いします!
 
ブログ用アカウント:@hiropan_gadget
 
ひろりん(記事執筆担当):@Setsuna_Evgr
 
ぱんへい(サイト管理担当):@panhey_shufu
0
20