Beats EPを購入。お手頃な価格ながら、ミニマルなデザインとクリアな高音質が魅力的!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8
 
今年の秋、Beatsのワイヤレス・ヘッドホン(「Beats Solo 3 Wireless」など)の裏でひっそりと発売されたワイヤード・ヘッドホン、「Beats EP」。
お値段はなんと9800円(税別)と、高級なBeats製品のなかでは、かなりお手頃な部類に入る。
今回は、この「Beats EP」を購入したので、デザインや音質、使用感などについて、レビューしていこうと思う。

スポンサーリンク



ミニマルであることの追究

 
 
この「Beats EP」は、高機能な使い方がまったくできないヘッドホンである。
iPhone 7によりワイヤレスが全盛となっているこの時代で、それに逆行するかのように有線接続のみに対応。
つまり、iPhone 7シリーズではLightningとイヤホンジャックのアダプタをかませないと使用できない。
 
また、構造上、折りたたむことができないので、持ち運びの際にも不便だ。
バンドにステンレススチールが採用されているので、強度はなかなかのものだと思うが、やはりリュックにそのまま放り込むと壊れないか気を遣う。
 
その他、もちろんノイズキャンセリングなど、特別な機能は一切備わっていない。
とにかくプレーンで、シンプルなヘッドホンとなっている。
 
では、このヘッドホンの魅力とはいったい何なのか?
ぼくが思うに、それは徹底的に追究された「ミニマルさ」にある。
 
この「Beats EP」は、あらゆる面で“必要最小限であること”を意識して作られている。
デザインも機能も、多様で複雑なものが氾濫している現代で、敢えて最小限のもの以外を取り除き、洗練させたという印象。
本当に、これは「ただのヘッドホン」なのだ。
ただ、スマホやパソコンにプラグを挿して、音楽を聴いたり映画を観たりするためだけの製品。
まるで、故スティーブ・ジョブズが信条としていた「禅」の思想を取り入れたかのような美しさに、思わず一目惚れをしてしまった。

良好な装着感と原音再生の高音質

 
「Beats EP」は、耳の上に載せるオンイヤータイプのヘッドホンなのだが、装着感はなかなか良好。
イヤーパッドがふかふかしていて、バンド自体の側圧もそこまで強くないのがいい感じだ。
試しに2時間ほどぶっ通しでつけてみたが、以前レビューした「Beats Solo 2 Wireless」のように耳が痛くなるようなことはなかった。
 
 
また、実際にヘッドホンを装着してみると、こんな感じ。(モデル:ひろりん)
音質はAppleの付属イヤホン「EarPods」の延長線上にあるような、クリアな原音再生タイプ。
重低音の味つけや高音のシャリシャリ感なども見られず、どんな音でも綺麗に鳴らすオールマイティ選手だ。
未だに「BeatsってHIP HOPとかEDMを聴くためのヘッドホンなんでしょ?」と考えている人が聴いたら、びっくりすること間違いなし。
それくらい、Appleが買収したあとのBeatsの音作りは変わった。
ちなみに、そこそこ大きなボリュームで音楽を再生しても音漏れはしないようだ。

ぼくが「Beats EP」を購入した理由

 
では、なぜ、ぼくがこの「Beats EP」を購入したかというと、iMacで映画やYouTubeを鑑賞する際に使う有線ヘッドホンが欲しかったから。
いくら自分の部屋とはいえ、深夜にスピーカーで映画鑑賞をしていると、やはり周りに迷惑がかかってしまう。
できるだけお手軽な価格で、大手のブランドで、iMacとの相性が良さそうなヘッドホン……と探しているうち、「Beats EP」にたどり着いたというわけ。
おかげで、今ではとても気に入っている。
これからは、この「Beats EP」を使って、Amazonプライムビデオなど、映画をたくさん観ていこうと思う。

総評:ひとつは持っておくべし!

 
デザインよし、音質よし、装着感よし、価格よし、何よりブランドは間違いなしのBeats by Dr.Dre!
ひとつ持っておくと絶対便利で使い勝手もいいと思うので、個人的にはかなりオススメの製品だ。
特に、Appleの「EarPods」からの乗り換えを考えている人は、音の作り方が似ているので、ちょっとだけ奮発して手に入れたい。
 
……しかし、Beatsのヘッドホンがこの値段で手に入るって、本当にすごい時代になったものだ。
この記事を執筆している現在、Amazonではさらに定価から値下げされているようなので、皆さんもこれを機会に是非買ってみてほしい!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加