【リークまとめ】今年はiPhoneとAppe Watchの買い替え年!(に、すると決めた)

こんにちは、ひろりんです!

ぼくはiPhone 12 Pro MaxとApple Watch Series 4を使っているのですが、諸々の事情から今年はiPhoneとAppe Watchを買い替えようと思っています。3年以上毎日使い倒しているApple Watchはともかく、iPhoneに関しては現時点では特段不満はないのですが、妻がiPhone 8 Plusと結構古いモデルを使っているので、ぼくのiPhone 12 Pro Maxをあげようかなという思いから(単純に新しいモノが使いたいからというのもありますが)。

で、最近Apple製品が軒並み値上げされましたよね。今年の新iPhoneやApple Watchも新レート価格で販売されるのはほぼ確実ですし、多大な出費になることは間違いないのですが、ブログのネタにもなりますし、それもまあいいんじゃない??と自分に言い聞かせて、買い替えを決めました。

ということで今回は、自分用も兼ねて、現時点で判明している2022年のiPhoneとAppe Watchの噂やリーク情報のまとめを書いていきます! また、最後にはぼくがどのモデルの購入を検討しているかもあわせて書こうと思います。

それでは、行ってみましょうー!!

iPhone 2022 噂やリーク情報まとめ

仕様・スペック

モデル名 iPhone14 iPhone14
Plus
iPhone14
Pro
iPhone14
Pro Max
コードネーム D27 D28 D73 D74
現行モデル iPhone13 新機種 iPhone13 Pro iPhone13 Pro Max
SoC A15X Bionic A16 Bionic
RAM 6GB LRDDR4X 6GB LRDDR5
ディスプレイサイズ 6.06インチ 6.68インチ 6.12インチ 6.69インチ
ディスプレイ解像度 2,532 x 1,170
460ppi
2,778 x 1,284
458ppi
ディスプレイ仕様 LTPS(低温多結晶シリコン)
フレキシブルOLED
LTPO(低温多結晶酸化物)
フレキシブルOLED
常時点灯ディスプレイ
ディスプレイ
リフレッシュレート
60Hz 1-120Hz(可変リフレッシュレート)
ProMotion
ディスプレイデザイン ノッチありの全面ディスプレイ i文字型パンチホール全面ディスプレイ
リアカメラ (広角) 1,200万画素 4,800万画素
(超広角) 1,200万画素
(望遠) 1,200万画素
フロントカメラ オートフォーカス機能搭載
6パーツレンズ
F1.9レンズ
バッテリー容量 3,279mAh 4,325mAh 3,200mAh 4,323mAh
本体サイズ
(単位:mm)
高さ 147.46 160.71
    71.45 78.53
厚さ     7,85 7.85
ボディ素材 アルミニウム ステンレス
カラー展開 ミッドナイト、スターライト、スカイブルー、レッド、パープル グラファイト、シルバー、ゴールド、グリーン、パープル
有線接続ポート Lightning端子(通信速度がUSB2.0からUSB3.0相当に高速化)
充電速度 30W高速充電
その他 衛星通信によるSOSメッセージ送信機能が搭載

現在のiPhone 14シリーズのリーク情報をまとめるとこんな感じ。無印ラインでは、やはりminiモデルが廃止され、Plusモデルに取って代わるようです。それに対して、Proラインは通常モデルとMaxモデルが継続されるとのことで、大きな変化はありません。

ただ、Proラインではついにディスプレイのノッチが廃止され、新たにi文字型のパンチホールが採用されるだろうといわれています。個人的にノッチのデザインはかなり嫌いだったので、これは嬉しい情報です。

カラー展開では今回、パープルがシグネチャーカラーとして採用されるようです。パープル、確かに流行ってますもんね。BTSとか。うちの母も熱狂しております。笑

有線接続ポートには引き続きLightning端子が採用される模様。もういい加減USB Type-Cに替えてほしいもんです。勘弁してほしい。

価格

モデル名 iPhone14 iPhone14
Plus
iPhone14
Pro
iPhone14
Pro Max
予想価格(米国) $799 $899 $1,099 $1,199
予想価格(税込) 115,800〜 130,800円〜 159,800円〜 174,000円〜

(※為替レート1ドル132円で試算)

価格に関してはお察しといいますか、目が飛び出るような値段になるでしょうね……。特にiPhone 14 Pro Maxは、ストレージ容量を上げると約20万円クラスになりそう。もはやProラインは多くの人には無用の長物、無印のiPhone 14で十分すぎるかと思われます。

というか、iPhone自体がもう高級品すぎるんですよね。ぼくの周りでもAndroidに移行している人、結構います。実際、OPPO Reno5 A とかPixel 6aとかめっちゃいいですしね。

Apple Watch 2022 噂やリーク情報まとめ

今年は3モデル展開?

2022年のApple Watchは、「Apple Watch SE(第2世代)」「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Pro」の3モデル展開であると噂されています。現行の高級ラインである「Apple Watch Edition」が「Pro」に置き換わるらしく、外観はG-SHOCKのようにゴツめのタフネスモデルになるようです。

ただ、ぼくはこの情報には懐疑的で、現行で「Apple Watch Series 3」がずっと販売され続けているのを考えると、「Apple Watch SE(第2世代)」なるものは販売されないんじゃないかなと思いますし、現行の「Edition」と置き換わる「Apple Watch Pro」とG-SHOCK風のタフネスモデルというのもまた別物なんじゃないかな??と思ったりしています。

G-SHOCK風モデルは「Apple Watch Explorer Edition」という名称になる、という噂もあるみたいです。なので、これと「Pro」モデルはまた別なんじゃないかなあ……。完全に自分の予想なので外れても一切責任取れませんが、そんな気がしています。

体温測定が可能になる?

2022年のApple Watchは、体温測定が可能になるのではと言われています。コロナ禍が終わらないなか、これは非常にありがたい機能ですね。ぼくは福祉系のお仕事をしている関係で、毎日出勤時に体温を記入しないといけないのですが、Apple Watchがあると測定がお手軽になって嬉しいです。

一方、Series 7の頃から噂されていた血糖値の測定機能は、新しいセンサーの開発に時間がかかるようで当面実装される予定はなさそうとのこと。こちらは来年以降に期待ですね。

フラットエッジデザインになる?

2022年のApple Watchは、Series 4から続く丸みのあるデザインが刷新され、いまのiPhoneと同じフラットデザインになるかも?という噂がありますが、Series 7が出る時にも散々デザインが変更になるといわれていたのに結局変わらなかったので、個人的には今回も眉唾なんじゃないかなと思っています。おそらく現行モデルとほぼ変わらないデザインになるんじゃないでしょうか。わからんけど。

Proモデルの価格は$900~?

最上級ラインである「Apple Watch Pro」は、より大きな画面とより大きなバッテリー、S8チップ、体温センサーを搭載しており、価格が900ドル(約12.3万円)近くからになる可能性があるようです。

一見すると「高ぇ!!」と思うかもしれませんが、腕時計として考えると12万円はまだ手が届く値段といいますか、何百万もするロレックスやらオメガやらパテックフィリップやらと比較すると全然ありなのかなと感じます。あちらはただ時刻が見られるだけでそのくらいしますが、Apple Watchはそれに加えて電子マネーが使えたりフィットネスで使えたり体温測定できたり音楽を聴けたりその他アプリがたくさん動いたりして12万円ですから……まあ、アリなんじゃないでしょうか? え、それでもナシ? なんなすみません。笑

まとめ:ぼくはどのモデルを買うか?

ここまで、2022年に発売されるiPhoneとApple Watchの噂やリーク情報のまとめについてご紹介してきました。

本記事中の予想は、様々な噂やリーク情報を踏まえたうえでの、あくまでもぼく個人の考えですので、まったく外れていても何卒ご容赦ください。笑

最後に、そんななかでぼくは今年どのモデルを購入するかを発表して、本記事を終わりたいと思います。

ぼくが購入するモデルは……

iPhone 14 Pro Max(Gold)とApple Watch ProまたはSeries 8(Gold)!!

はい、「やっぱりか」といった感じですね、すみません。笑

今回もカラバリにゴールドがあって、かつ最大サイズのモデルを買おうと思います。ぼくはブレません。ゴールド教の教えに従い、ゴールドの光が差すほうへ、ゴールドに憧れたまま、突き進んで行くのみです。

だって、これが俺の人生。

ではまた!!笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。