BlackBerry 5Gが発売されたら、いよいよ買ってしまうかもしれない…

 
こんにちは、ひろりんです!
 
突然ですが、ぼくにはかれこれ10年くらい、ずっと憧れているスマートフォンがあるんです。
 
それが、「BlackBerry」。
 
かつて一世を風靡し、あのバラク・オバマ元大統領も使用していたことで話題になったスマートフォンです。
 
タッチパネル全盛期を逆行するかのように、物理キーボードを搭載するという唯一無二のアイデンティティ。
 
ブラック×シルバーの配色が美しい、洗練されたシンプルなデザイン。
 
ぼくがはじめてBlackBerryに憧れたのは、フジテレビのドラマ「リーガルハイ」で堺雅人さん演じる古美門研介が使っていたことからでした。
 
当時はBlackBerry Bold 9900だったかと思いますが、docomoから発売されており、本気で買おうか迷ったほどです。
 
お金がなかったので、泣く泣く諦めましたが……。

開発終了、そして奇跡の大復活

その後、BlackBerryは次第にiPhoneやAndroidの波に呑み込まれ、2016年には本家BlackBerry社がスマートフォンの開発を終了し、中国企業とのライセンス契約などの紆余曲折を経て、現在は死に体となっていました。

誰もが「もう終わったスマートフォン」という認識で、かつてのアメリカ大統領をも魅了した名機の存在は、少しずつ人々の記憶から薄れていったのです。

……が!

このたび、テキサスに拠点を置くOnwardMobilityというテック企業が、なんと2021年にOSとして「Android」を採用した5G対応のBlackBerry端末を市場に投入することを宣言したのです!

まさかの、奇跡の、大復活。

もちろん今なおBlackBerryを愛好し、使用している人は少なからずいらっしゃるようで、このニュースのあと、BlackBerryファンの間では一時お祭り騒ぎとなりました。

2021年7月末現在、まだこのBlackBerry 5Gに関する続報は明かされていませんが、米国や欧州だけでなく、アジアでも販売されることが確定しているようなので、日本でも手に入れる方法はあるかと思います。

2台目スマホとして、正直めっちゃ欲しい

 
奇しくもぼくはちょうど最近、2台目で使うスマートフォンの購入を検討しているところなんです。
 
Pixel 5やそのほかのAndroidスマートフォンも考えていたのですが、どれもいまいちしっくりこず、ペンディングしている状態でした。
 
それで、10年間ずっと憧れていたBlackBerryがこのタイミングで復活するというニュースを目にして、なんだか少なからぬご縁を感じています。
 
社会人になり、昔よりも自由に使えるお金が増えた現在、あの頃買えなかったBlackBerryをいよいよ手に入れるべきタイミングなのかもしれません。笑
 
これからもいちファンとして、BlackBerry 5Gに関する続報を心して待ちたいと思います。
 
それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!
 
また次回の記事でお会いしましょう!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です